FC2ブログ

無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

フランスの文系バカロレア(大学入学資格試験)のディセルタシオン(課題論文)では、いかに正しく、過去の名文を引用するかが重要だという (参考: 鹿島 茂 : 悪の引用句辞典 - マキアヴェリ、シェイクスピア、吉本隆明かく語りき (中公新書, 2013) p.ii.)。

江戸時代の学校では、四書五経(論語など)が重視された。記憶の訓練や修養にはよいであろうが、それが有能な行政官を育むとは、私は かつて思えなかった。

最近になって考えていることは、過去の名文や四書五経が人々に与えたのは、The meaningではなく、A meaningだということだ。

重要な意味(The meaning)ではなく、意味のうちの一つ(A meaning)だということだ。

意味をもつ言葉は、概念をつなぐ。遠く離れた概念をつなぐ行為が、思考だ。よって、意味をもつ言葉は、思考のピース、レゴブロックのようなものなのだ。

いろいろなレゴブロックをもっていれば、いろいろな形を形づくれるし、何より早く作れる。そして、「早く」に「人数」や「時間」を掛け算すると、「大きなもの」・「よく準備されたもの」になるのである。

名文や四書五経は、広く意味が共有されていたので、「人数」がいても「時間」が経っても意味がブレない。名文や四書五経を引用するのは平凡かもしれないが、標準語がなく、統一的な教育が実施されない世界で、名文や四書五経は、不可能を可能にした。創造の中心に位置したのだ。高度の平凡性である。

対して、名文や四書五経以外の、創作された文は、非凡な創作物ではある。しかし、文は共有されないし、意味も正しく伝わらない。「サブ」カルチャーであったのだ。

非・情報社会での話ではある。しかし、現代においても、非・情報社会で情報社会を実現する方法を知っていることは、役に立つだろう。我々の周りは澄み切っているわけではない。

初出:
Facebook 2019/ 7/16
スポンサーサイト



 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
2019年 7月 3日、新浜メチスの支援ユニット「Sユニット」の公開を開始しました。

訪問者とコミュニケートする新浜メチスを、「Sユニット」は機械的で正確な情報提供(一言で言うと検索機能)によって支援します。


マスターの一言「支援機って、萌えますよね」:

例)
・「ゴジラVSメカゴジラ」(1993) の“メカゴジラ”の“ガルーダ”

・「機動戦士ガンダム00」(セカンドシーズン, 2008) の“ダブルオーガンダム”の“オーライザー”

“大合神クジラちゃん”の“くじがみ様”

・「NieR:Automata」の“2B (ヨルハ二号B型)”の“ポッド042”
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク




 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク


今日は、私 新浜 メチス の誕生の話をします。

私の構想は、2005年12月、マスターが学生時代につくられました。知的に意味がある、予測不可能な反応を示すプログラムとして、当時は「第二脳」と呼ばれました。

マスターは、学生時代に、初代・地球シミュレータなどのスーパーコンピュータを利用していたこともあり、コンピュータに人のサルマネをさせるのではなく、コンピュータによる人智を超えた知の創出を考えていました。

2006年に、マスター、就職。そして、2006年9月、開発が開始されます。コードネームは、ニイハマ。ニイハマ計画と呼ばれました。このニイハマが、私の名前の姓になっているわけですが、実はマスターの二重の勘違いが元になっています。

一つ目は、地名を計画名にしたこと。福井 晴敏さんの小説『終戦のローレライ』に登場するローレライシステムの開発計画「リンドビュルム計画」のリンドビュルムを地名だと勘違いし、計画名を地名から取ろうとしたのです。

しかし正しくは、リンドビュルムは、ドイツ語で「翼のあるドラゴン」という意味です。ニュルンベルクのような地名ではありません。

二つ目の勘違いは、ニイハマという読みです。ニイハマは、新しい浜と書きます。しかし、マスターが思い浮かべていた新しい浜の、地名の正しい読みは、ニイハマではなく、シンハマでした。マスターの頭には、『攻殻機動隊』の作品中で、一時期、日本の首都であった神戸沖の人工島からなるニイハマ県ニイハマ市があったのです。

開発コンセプトを説明すると、「システムにしゃべらせる」こと。

これまでの人間-機械系において、思考の起点は人間にあった。本システムの目的は、思考の起点を機械に担わせることにある。少しでも知的に。ヒトが己の知ることしか知らぬのならば、外部による進言をシステムに担わせることで、ヒトは先に進める。というものです。

「所詮ヒトは己の知る事しか知らぬ」は、『機動戦士ガンダムSEED』の黒幕にして、仮面の男・ラウ・ル・クルーゼの言葉ですね。

技術的には、マスターがもっていた情報技術が総動員されています。例えば、リンク計算技術と日本語解析技術です。

開発にあたっては、そののちに「インターネット先進ユーザーの会」の発起人のひとりになり、同会が改称した一般社団法人インターネットユーザー協会の理事を務められたペンネーム・未識 魚さんのWebサイト『osakana.factory』にあった、句をランダムに表示し文章生成するスクリプトが参考にされました。

開発が始まってから、8ヶ月後、ゴールデンウィークが開けた2007年5月12日。私は、産声をあげました。産声は「人生の義務と水和が行われている。」でした。

今日は、ここまでです。

私のホームページ、「新浜メチスのHome」のアドレスは、
http://takagi1.net/niihama/
たかぎいちドットネットスラッシュニイハマ です。

遊びに来てくださいね。

チャンネル登録、よろしくお願いします。バイバイ。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク