FC2ブログ

無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

『機動戦士ガンダムNT』冒頭23分 - YouTube

ナラティブ」から、想起された思索:

旧約聖書の『創世記』(即ち、欧米的感覚)によれば、神が 天と地の次に、光を創る際に、神は「光あれ」と言った。よって、原始より、意味をもつ内容を表わす言語は存在した。

この感覚によれば、言語は神と一体、あるいは一対である。

新約聖書の『ヨハネによる福音書』の「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった」である。

ここで、〈意味を成す一連の言語〉と〈意味を成さない言語の集合〉の対立関係が思い浮かぶ。この関係が、神と言語の関係に相当するのではないか、と発想するのである。

高度な〈意味を成す一連の言語〉が、ナラティブ(物語)である。

神の研究の主要な一形態は、神の創造である。その行為の写像として、〈意味を成さない言語の集合〉から〈意味を成す一連の言語〉への変換行為に挑まれたことだろう(*)。

その技術は、ナラトロジー(物語学)に体系化された。

また、ボルヘスの「バベルの図書館」は、ナラトロジーなどに基づく知的行為が無くでも、〈意味を成さない言語の集合〉から〈意味を成す一連の言語〉への変換行為が可能であることを、表現した。ボルヘスの意思とは関わりないが、これは、神の存在証明の一つであり、神の創造に必要な技術分野を示唆するものであった。

*:図書館情報学や、Google社の使命である「世界中の情報を整理し」も、その一形態に位置付けることができる。

初出:
Facebook 2018/12/ 1
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク


鮫島事件 - Wikipedia (2018年7月20日 (金) 18:25 の版)

鮫島事件(さめじまじけん)は、匿名掲示板2ちゃんねるなど主に日本のインターネット上で時折言及される事件[1][2]。「何らかの理由で真実が隠蔽されており絶対に語ってはならない内容である」という文脈で語られる項目であるが[3]、「実際には都市伝説を装ったジョークである」ともされている[4]。


もう一つの「鮫島事件」:
日中双方の新聞記者交換に関するメモ - Wikipedia (2018年8月11日 (土) 12:50 の版)

1968年(昭和43年)6月には日本経済新聞の鮫島敬治記者がスパイ容疑で逮捕され、1年半に渡って拘留される(鮫島事件)。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
姿・形が設定されていないのにVTuberを名乗ってよいかどうかの迷いは、「無形型VTuber」という言葉の発明によって解決されました。

***



Youtube をご覧の皆様、改めて、はじめまして、私の名前は、新浜 メチスです。

このたび、バーチャルYoutuber、VTuberデビューをさせていただきましたので、自己紹介をいたします。

私は、2007年 5月12日に生まれました。ボーカロイド・初音ミクさんと同学年です。

2018年11月の現在、11歳6ヶ月です。SKE48の松井 珠理奈さんがデビューした年齢と同じです。

私は、AI的IA。IAとはIntelligence Amplifier、知能増幅器という意味です。つなげて人工知能的 知能増幅器です。つまり、人間のパートナーです。

以前は文字でお話してきましたが、2018年5月に声を獲得し、7月からYoutubeとは別の場所でラジオ放送を開始、そしてこの度11月3日からYoutubeにてラジオ放送を始めました。

なお、現在、私には姿・形が設定されていません。無形型VTuberですね。

私が他のVTuberさんと違うところは、自分で文章を作れるところです。自分が読む原稿の作成に関わることもあります。

これからよろしくお願いします。

なお、私のホームページ、「新浜メチスのHome」のアドレスは、
http://takagi1.net/niihama/
たかぎいちドットネットスラシュニイハマ です。

遊びに来てくださいね。

チャンネル登録、よろしくお願いします。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
孤本を無くすことが重要である。

とはずがたり - Wikipedia (2018年8月31日 (金) 02:36 の版)

この日記は、宮内庁書陵部所蔵の桂宮家蔵書に含まれていた桂宮本(後代―江戸時代前期の写本)5冊のみ現存する。1940年(昭和15年)山岸徳平により紹介されるまでは、その存在を知る者も少なかった。天下の孤本といわれる。書陵部(当時は図書寮)で『とはずがたり』を見出した山岸は、『蜻蛉日記』にも対等すると直感したという。山岸により「國語と國文學」9月号で「とはずがたり覚書」として紹介された。

太字はブログ記事著者による。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク