FC2ブログ

無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 



動画の説明欄より:

歌をMidiに変換してピアノだけで演奏すると、歌詞を知っていれば聞こえないはずの歌詞が聞こえる


歌詞を知っている曲では、歌詞が聞こえるが、
歌詞を知らない曲では、歌詞が聞き取れない。

よって、新奇なことを声だけで伝えることは難しい。字幕つきで伝えるべきである。
スポンサーサイト



 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク



関連:

ずがこうさくのじかんは、
じょうずに えをかいたり
じょうずに ものを つくったり する
ことが、めあてでは ありません。

きみの めで みた ことや、
きみの あたまで かんがえた ことを
きみの てで
かいたり、つくったり しなさい。
こころを こめて
つくって いく あいだに

しぜんが どんなに すばらしいか、
どんな ひとに なるのが
たいせつか、
と いう ことが
わかってくるでしょう。
これがめあてです

〔「このほんをよむひとへ」『子供の美術 1』現代美術社出版 1980年〕

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
フランスの文系バカロレア(大学入学資格試験)のディセルタシオン(課題論文)では、いかに正しく、過去の名文を引用するかが重要だという (参考: 鹿島 茂 : 悪の引用句辞典 - マキアヴェリ、シェイクスピア、吉本隆明かく語りき (中公新書, 2013) p.ii.)。

江戸時代の学校では、四書五経(論語など)が重視された。記憶の訓練や修養にはよいであろうが、それが有能な行政官を育むとは、私は かつて思えなかった。

最近になって考えていることは、過去の名文や四書五経が人々に与えたのは、The meaningではなく、A meaningだということだ。

重要な意味(The meaning)ではなく、意味のうちの一つ(A meaning)だということだ。

意味をもつ言葉は、概念をつなぐ。遠く離れた概念をつなぐ行為が、思考だ。よって、意味をもつ言葉は、思考のピース、レゴブロックのようなものなのだ。

いろいろなレゴブロックをもっていれば、いろいろな形を形づくれるし、何より早く作れる。そして、「早く」に「人数」や「時間」を掛け算すると、「大きなもの」・「よく準備されたもの」になるのである。

名文や四書五経は、広く意味が共有されていたので、「人数」がいても「時間」が経っても意味がブレない。名文や四書五経を引用するのは平凡かもしれないが、標準語がなく、統一的な教育が実施されない世界で、名文や四書五経は、不可能を可能にした。創造の中心に位置したのだ。高度の平凡性である。

対して、名文や四書五経以外の、創作された文は、非凡な創作物ではある。しかし、文は共有されないし、意味も正しく伝わらない。「サブ」カルチャーであったのだ。

非・情報社会での話ではある。しかし、現代においても、非・情報社会で情報社会を実現する方法を知っていることは、役に立つだろう。我々の周りは澄み切っているわけではない。

初出:
Facebook 2019/ 7/16
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
映画「インターステラー」(2014)と「チャッピー」(2015)は、一部(「インターステラー」でのマン博士)または全部において、知性の中で生存本能を最上位に据えて描いたところが共通している。

「インターステラー」
公式
Amazon Prime Video (1:56:00~)

「チャッピー」
公式
Amazon Prime Video

初出:
Facebook 2019/ 1/27
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク