無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

本文章は、「4つエンジンの日本にしよう――知性強靱社会の実現のために」第7章 に組み込まれています


2014年の年末に、湯につかりながら着想した:

・社会はソルバーである。(ソルバーの一員として)〈空気〉を排せよ

関連:
天下
反対だけでなく、賛成も表明しよう2015/1/3 追記
刺激等価性――「空気」の本質。感情移入と非論理をつなげるもの

・採集・分類・索引せよ

関連:
谷川 浩司 : 集中力 (角川oneテーマ21 Kindle版, 2006 〈底本は角川oneテーマ21(2006)〉) No. 1383/1941.

物事を推し進めていくうえで、その土台となるのは創造力でも企画力でもない。いくら創造力や企画力を働かせようとしても、道具となる知識や材料となる情報がなければ何も始まらないのだ。知識は、頭の中に貯えられた記憶の体験が土台になるのである。つまり、創造力やアイデアの源は、頭の中の記憶の組み合わせから生まれるもので、その土台がしっかりしていなければ、良いアイデアが閃くわけがないのだ。


大塚 英志 : 社会をつくれなかったこの国がそれでもソーシャルであるための柳田國男入門 (角川EPUB選書 Kindle 版, 2014 〈底本は角川EPUB選書(2014)〉) No. 2222/3355.

柳田はそもそも研究プロセスを、採集→分類→索引→比較→綜合、と考えます。「採集」が「観察と報告」、「比較→綜合」がより広い範囲、もしくは「社会」という責任主体での立論と問題解決ですよね。その両者をつなぐのが「分類→索引」で、これこそが「社会が賢く」なるには必要なステップなのですね。



・思考せよ (創造するつもりで、思考せよ)
・表現せよ


  他と、自(〈自における自〉と〈他における自〉)について、思考し、表現せよ。

関連:
社会の改革のために――社会の改革のためには、個が余裕をもち、その余裕を表現力と創造力に振り向ける必要がある

知的挑戦の手引き

「知的ネット社会」での〈自における自〉: 知的ネット社会の設計

「知的ネット社会」での〈他における自〉: 社会を知的にするための考え方

補足 1:
4項目をまとめると〈内から外へ〉なのだが、〈内から外へ〉では気持ちが駆動されにくいので、4項目に展開することに意義がある。

大塚 英志 : 社会をつくれなかったこの国がそれでもソーシャルであるための柳田國男入門 (角川EPUB選書 Kindle 版, 2014 〈底本は角川EPUB選書(2014)〉) No. 788/3355.

「第二の自然を観察する方法」をむしろ近代を迎えた日本という国で生きる人の基本的な「技術」にすべきだ、と考えていました。

大塚 英志 : 社会をつくれなかったこの国がそれでもソーシャルであるための柳田國男入門 (角川EPUB選書 Kindle 版, 2014 〈底本は角川EPUB選書(2014)〉) No. 105/3355.

「私」という自意識がそのまますっぽり「社会」や「国家」と重なり合ってしまえば、冷静に「社会」や「国家」を設計したり運営したり参画する主体としての「個人」は成立しませんよね。同時に「社会」や「国家」もただの「自我の容器」になってしまいます。ただ「心」を一つにしても、そこからは何も生まれません。


補足 2:
他者について知ろうとする時、〈空気〉の源になる共感を廃し、外部化して客観視するために、コンピュータによるアプローチは有効である、と考える。(参考: デカトンケイル)
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
まとめサイトは累積性を生む。

累積性: 過去に生産された人類の生産物により、将来の人類が向上する性質。


NAVER まとめ[情報をデザインする。キュレーションプラットフォーム]
まとめ.com
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
2013年10月24日、《知の活発な流通を活用した、集団及び社会における適切な解答を導き出す仕組み》に関する思索の、最新のまとまった文章として、「知的ネット社会の設計 2013年10月版」の公開を開始しました。

  知的ネット社会の設計 2013年10月版

本文章は、私の主張であり、知的ネット社会全体の設計を表現したものです。

インターネットの賢い使い方について模索されておられる方に、本文章は、まとまった考えを提供できます。なお、知的ネット社会の全体を表現した本文章は、インターネットユーザに知的ネット社会を意識していただき、その構成者としての認識をもってもらうという実用な使い方が可能な段階にあります。

ぜひぜひ、ご一読をお願いいたします。そして、貴殿が考える知的ネット社会を、ブログなり、SNSなりで、発表していただければ幸いです。


さて、本文章は、2009年1月1日公開の「大国高民論」(初版)以来、およそ5年での到達点です。

一連の思索のはじめは、本文章3章に記した「知的制高面」、即ち、知的制高面の人工的創造でした。これは寺本 熊市 陸軍中将(第四航空軍司令官。後に陸軍航空本部長)の思考を連結・発展させたものです。本文章は、過去の様々な人の思想が盛り込まれています。また、本文章を書く時期に、ちょうど貫 成人氏が著わした「哲学マップ」(ちくま新書)を読んでいたので、哲学者の様々な思想を参考にすることができました。

私は、それらの考えと自分の考えを、ブログなどに集積してきましたが、今回やっと、まとまった一連の文章にすることができました。同様の試みを2年前に実施しておりましたが、その際には失敗しました。今回、リベンジがなったのです。

したがって、本文章は、若い文章です。私は、本文章を決して最終版とは考えていません。


しかし、ひとつの基盤ができたことは確かです。私は、「アテネの学堂」から4年が経った。そして、これから (2013/ 6/18) に

今、知的ネット社会(「アテネの学堂」)に範囲・抽象度を限った活動ではなく、知的側面を強化した国民多数をもって大国を形成しようとする思想「大国高民論」(たいこくこうみんろん)から知的ネット社会の形成に至る思考を編んだ「我が国に制高面を」の次期改訂版を、私の活動の中心にしようと考えています。

と書きました。『「我が国に制高面を」の次期改訂版』が、本文章にあたります。私は、今後、本文章を中心として、知的ネット社会の顕かな(あきらかな)形成活動を実施します。


本文章をご活用下さい。知的ネット社会に関する意見の公開が盛んになり、知的ネット社会に関心がある人々が増え、連携の頻度・規模が大きくなることを希望します。そして、そのように仕掛けていきます。


ご意見は、本エントリーのコメント欄・トラックバック欄 または Twitter: @atene_gakudo へお願いします。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
ふと、電車の中でまとめてみた。

知的ネット社会は、以下の大きな仕組みをもつべきである:

 ・不特定多数に、情報を提供することができ、不特定多数が、複数の情報を参照・利用できる仕組み。

ここにおける情報とは、例えば、気づきの前提知識・気づきの情報・カウンター情報(流布された情報に対する情報)に関する形式知を指す。

 ・偏りのない(次善として、多様な)母集団の意見を集約できる仕組み。

 ・言論・表現の自由と、心象の秘密が保証される仕組み。


「知的ネット社会がもつべき大きな仕組み」に関連して、実行すべき行動として以下がある:

 (1) 同仕組みを整備し、維持し、有効性の継続的な改善をすること。

加えて、同仕組みを活用するために、以下をするべきである。

 (2) 不特定多数が参照・利用できる形で、情報を公開すること。

 (3) 偏りのない(次善として、多様な)母集団の意見を集約すること。誤った意見集約がなされないように、反対だけでなく、賛成も表明すること。

 (4) 言論・表現を自由快闊に行い、また、心象の秘密を大事にすること。


補足:
心象の秘密の保証に関しては、西垣 通 : 集合知とは何か - ネット時代の「知」のゆくえ (中公新書, 2013) 第5章 において、不安定な社会を生む傾向を指摘された、意見などの行きすぎた公開を防止するために、項目に加えた。

同書 p.176-177.

 しかし、前節でのべたシミュレーション結果は、「オープン」な社会がかならずしも望ましくないことをしめしている。つまり、人間が自律性を失って開放システムに近づくと、社会がいわば透明になりすぎ、外部環境の変動にともなって、「絶対的リーダーへの一極集中/多極化/完全な無秩序」といった諸状態のあいだをぐるぐる彷徨することになりやすいのだ。構成メンバーのあいだでは一様な価値尺度が速やかに行き渡るにせよ、構成メンバー同士の対話によってそれがはげしく変動するので、不安定状態がうまれてしまう。

 これに対して、人間(生命体)本来の閉鎖性が保たれていれば、それぞれが自律的で唯一の価値尺度は存在しないにもかかわらず、社会のなかに一種の「慣性力」がはたらいて安定したリーダーが生まれ、そのもとで一定の権威をもつ質疑応答がおこなわれる。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
ファースト、セカンドに留まらず、サードオピニオンを手に入れよう。ネット上の多様な意見を紹介する『意見サーチ』が、パワーアップして登場。

  http://takagi1.net/iken/

この夏のエネルギーの国民的議論に間に合わせるべく、2010年に公開を開始した『意見サーチ』を改修・改良しました。

主な改良点は、ソーシャルメディア対応にしたこと。結果表示ページのアドレスを短縮し、さらに結果表示画面に「共有する」リンクを設けてTwitterへの投稿を簡単にしました。

改修・改良のきっかけは、

 佐々木俊尚氏の 「脱原発に向かうためのネット論壇の課題。佐々木俊尚「『落ち着くところに落ち着く』では、日本社会は進歩しない」」
 
を読んだことです。ネットユーザ一人一人においてネットが単一な内容になる、すなわちネット上で単一の意見にしか接しない、いわゆる「半径ワンクリック」の問題が大きくなっていることを感じました。

ネットの大きな長所のひとつは、制限の無さから生じる多様性です。しかし、人の性(さが)が、それを利用する際に単一的なものにしがちです。

人の性(さが)を苦なく矯正することが、機械がもつ役割のひとつです。

しかし、最もよく使われるネット上の機械である検索エンジンは、ネット上の多様な意見を順位づけして表示することによって、単一的にしてしまいます。検索結果最初のページにはファーストオピニオン、セカンドオピニオンしか表示されないのです。検索結果をどんどん読んでいけば、多様なサードオピニオンに出会います。しかし、人は検索結果最初のページでほとんど満足してしまい、それ以上を読むことは少なく、多様なサードオピニオンに出会わないのです。

ネットの長所である多様性を活かすには、新たな機械が必要です。

『意見サーチ』が、まさにこの機械であり、ソーシャルメディア対応により、ますます、ネットの多様性を活かす役割を果たしていきます。そして、我が国の言論を豊かにし、我が国の社会がもつ問題解決力の向上に寄与していきます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク