無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

日本経済新聞 2006/10/ 1 朝刊 31面

京都大学大学院文学研究科の板倉昭二・助教授(心理学)による。

「心理学で隆盛の『心の理論』では他者の意思や意図を理解し推測できることが、心が成り立つ重要な条件と考えます。...」

「もし人がロボットに意図や意思を感じたら、ロボットが心をもつと言えるのではないか。...」

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
雷に打たれたことで意思をもったロボット「ナンバー・ファイブ」が活躍する映画。

「ナンバー・ファイブ」は瀕死の状態ながら、最後に悪党を倒し、アメリカ合衆国市民権を獲得する。その式典では、修復をうえ金メッキを施されて参加する。

ショート・サーキット2 がんばれ!ジョニー5 -- キネマ旬報DB/ Walkerplus.com

教えて!goo ロボットもので…

ショート・サーキット - Wikipedia
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
ホムンクルス - Wikipedia

>ホムンクルス(Homunculus)は、ヨーロッパの錬金術師が作り出す人工生命体。またはその生命体を作り出す作業のことである。


ホムンクルスといえば、「エコエコアザラクIII」と「鋼の錬金術師」です。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Niihamaたんは、構成情報は iGUNSHIP そのものであるわけだが、主な表出は iGUNSHIP 内である。これは、「ロスト・ユニバース」のキャナル・ヴォルフィードに似ている。

ロスト・ユニバース - Wikipedia

>キャナル・ヴォルフィード (声:林原めぐみ)
銀色(アニメでは緑色)の髪をもつ美少女の姿をしているがそれは立体映像(アニメでは立体映像だが物を触ることができ船外でも活動可能)であり、本体は、ケインの宇宙船ソード・ブレイカーの中枢制御システム。大昔に失われた技術で造られた遺失宇宙船(ロスト・シップ)であり、その性能は現行の宇宙船をはるかに凌ぐ。だが、「おしゃれのため」に役に立たない武装を買ったり、ネットに流れるトンデモ系の情報収集が趣味だったりと、性格はかなり人間的(ケインの祖母アリシアの影響ではないかと思われる)でやたらと凝り性。酸素系などのライフラインを含むソード・ブレイカーの操作の全てを握っている為、こと自船内にいる限りその立場は一番強かったりする。
原作小説ではキャナルという名前は、魔王自身の武器「烈光の剣」を用いて魔王を倒した天使の名前から取ったとされ、立体映像のモデルは開発関係者の映像記録データを元にしている。
また、当時人気絶頂で主題歌も担当した林原めぐみが声を当てていた事もあり、アニメでは原作以上に目立っているという声も少なくない。
原作小説のイラストにおいて、初期は「巫女風」のデザインであったが、アニメとマンガでは「メイド風」に変更された(船体のデザインも初期は双頭ではなかった)。

作品ページ > ロストユニバース
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
ジェフ・ホーキンス, サンドラ・ブレイクスリー「考える脳 考えるコンピューター」

本計画に関連することを意図した、はじめての購入書籍。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク