無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

m00dx (mode-00 用データ抽出プログラム) の開発を開始。

日本語解析サブルーチン「あやとり」を組み込む。動作は上々。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
文字化けの原因が分かった。

「charset」が「cHaOutrset」になっていたのだ。

「ha」を「HaOut」に置換したときに、誤って余計な部分までもが置換されてしまったのだ。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
メモリを 1GB 増設。


ちゃんと30度の角度でメモリモジュールを差し込んだら、すぐに作業すんだのにね。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
石島洋一 : 決算書がおもしろいほどわかる本 (PHP文庫, 1999)p.174.

>この比率はダイエーが8.0%なのに対し、ヨーカ堂は10.4%と大きな差があります。

ここを読んで違和感を感じた。

8.0%と10.4%... ほとんど一緒やん! と。でも、これが理系的意思決定と文系的意思決定の違いではないかと考えた。

二つのもの a と b を比較するときにまずしなければならないのが「割り算」である。a / b をするのではない。a,b それぞれの背景にあるA, B を使って、a / A と b / B をするのだ。

しかし、これは意思決定ではない。a,b を同じ土俵に持ってきただけなのだ。

文系の考え方では、ここで、( a / A ) - ( b / B ) をして、意思決定をするのではないだろうか。つまり意思決定の手段は引き算である。

理系の考え方では、ここで再び割り算をする。  ( a / A )/( b / B ) 。
理系的考え方からすると、ここで値が 1.2 や 0.8 だったら a と b は「よく合っている」と結論付けるだろう。文系の考え方からすれば、20%の違いは大問題だ。でも、理系ではそれほど問題にならない。

おそらく理系はここで無意識に対数(log)を計算する。だから少しの慣れでオーダー(桁数)があっていれば「合っている」という判断を下せるようになる。

数式にしてみよう。 log{ ( a / A )/( b / B )}

これは、変形できる。

  log{ ( a / A )/( b / B )} = log( a / A ) - log( b / B )

ここで、文系の意思決定式を再登場させよう:
  ( a / A ) - ( b / B )

理系の式と文系の式がよく似ていることが分かるだろうか。もしかしたら最終的な意思決定手段は、引き算でしかなのかもしれない。どちらが大きいか、小さいか、それだけである。

ただ、理系の場合には、対数をとる作業が途中で加わった形で、自らの判断に関して理解をする。実際に判断する場では、対数は複雑なので、2回対数を扱うのではなくて、割り算してから対数を考えることによって省力化している。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント欄をご覧ください
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
昨年の秋ごろから気になっているのだが、Dionサーバー内のWebページにつながりにくい。

更新ボタンを押して、つながるときは一瞬なのだが。

もし、これが Dion の問題であるならば、私はたいそう不満に思っているということを表明しておく。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
延々とした繰り返し計算を含むコンピュータコードを用いて得られた結果にはクセがある。

これを「繰り返し計算が人格を生む」と表現したことがあったが、これは文字どおりの意味でも真実ではないか。

人は、遺伝による内的擾乱と、環境による外的擾乱のなかで、ひたすら繰り返し計算をしているのではないか。そして、その中で人格が形成されるのではないか。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
mode-00_0 こと「Niihamaたん胚」を実家のパソコンでみたら、文字化けしている。

なんでだ? charset は設定しているのに。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
FORTRANによる文字列処理を支援するライブラリ Chara.f のうち、サブルーチン「ITOAGN」をバージョンアップ( Ver.1.00 → Ver.1.01 )し、公開しました

機能の追加:
ありません。

互換性:
過去に公開した Chara.f のあらゆるバージョンのサブルーチンに対して互換性あり。

なお、コードの改良に関しては、O氏からいただいた助言を活用しました。O氏に感謝申し上げます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
ITmedia News:Ajax、PDA、自然言語――なぜあのとき失敗したのか

>自然言語で成功するこつは、「あいまいな問題、人では解決できない問題から始め、検索を中心に適応させることだ。秘訣はランキングにある」と同氏 [:Googleのアダム・ボスワース氏] 。


可能性のある候補を複数挙げて、ランキングで決定するって事なのかな。

自然言語処理 - Wikipedia
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク