無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

http://siriasu.s10.xrea.com/HTML/img.htm

>このLOWSRCは、Internet Explorer 4とNetscape Navigator 2.0のみサポートされています。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
立花 隆 : ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術 (文藝春秋, 2003) p.62.

>索引でいちばんいいのは、どのようなコンテクストでそれが出てきたかを示す、前後のコンテクスト付きの KWIC (キー・ワード・イン・コンテクスト) 方式の索引で、...

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
今、菅谷 明子=著「未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―」を読んでいる。

1996年の「科学産業ビジネス図書館 (:SIBL, シブル)」の開館など、発展するニューヨーク公共図書館の姿は、以下に引用する文にみえる「質的に拡大した」図書館である。

仲本 秀四郎 : 科学技術図書館の現在と未来―日本原子力研究所図書館の現場から (勉誠出版, 2007) p.1.

>図書館は単に量が増大したのでなく、異なる機能の活動を取り込み、質的に拡大したのである。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
湯川 鶴章 : ウェブを進化させる人たち (翔泳社, 2007) p.251.

>湯川 なるほど。ジェフ・ホーキンスが、今世紀中に機械のほうが人間よりも頭が良くなる。このままでは機械に支配されてしまうから、そうならないために人間の脳の中にメモリチップを増設したり遺伝子改造技術を使ったりして、人間を進化させないと、ということを言って、...

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
ある人が著作物を発表する。その人は少しして死ぬ。

15歳の人がその著作を読んで、電子化をする。こんな作業をできるのは、金はないが時間はある、人生の中のある一時期しかない。

50年後、彼は、65歳になっている。

でも、65歳ならば、彼はそれを公開できる。彼は一生の前半の一時期と、後半の一時期を賭して、情報の全面的な再利用可能化作業をやり遂げるのだ。

著作権保護期間 70年では、それができない。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
とほほのJavaScriptリファレンス -- 関数(Function)

>変数は通常グローバル変数(プログラム全体で有効な値)として扱われますが、arg1, arg2, ... 部分に指定した変数や、関数内で var で定義した変数は ローカル変数(関数内部でのみ有効な値)として扱われます。グローバル変数とローカル変数は、名前が同じでも別の変数として扱われます。

「arg1, arg2, ... 部分」とは、関数の引数を指すのだろう。

FORTRANプログラミングに慣れた人はローカル変数がデフォルトだと考えるので、注意して「var」を宣言していこう。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
<iframe src="*****" width="***" height="***" scrolling=*** border="0" style="border:none;" frameborder="0"></iframe>
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
原田 勝・田屋 裕之=編 : 電子図書館 (勁草書房, 1999) p.211.

原田 勝 氏による「第9章 電子図書館の将来」から。

> 公共図書館の最大の役割は、インフォームド・シチズン(informed citizen)の育成と維持である。民主主義は、あらゆる問題について主体的な判断を下すことのできる市民を前提としているが、ある問題について判断を下すためには、その問題について十分な情報を得られるシステムが整備されていなければならない。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
紙名:
日本経済新聞

日付:
2007/ 8/29

朝刊/夕刊:
夕刊

面:
24

東京大学総長 小宮山 宏氏へのインタビュー記事。

  • 検索エンジン(特に、Google)の落とし穴の一つは、画一化。
    >みんな同じレストランに入ってしまう。

  • >[細分化・複雑化することによって把握しにくくなった] 知識の全体像を俯瞰するには「知の構造化」が必要だ。多様な知が関連づけられ、構造化されて、初めて新しい知が生まれる。

  • >大学はシンクタンク付きのフォーラム(古代ローマにあった広場)。... キーワードは「対話」と「気付き」と「多様性」。

    管理用情報 : クリアブック N01-10B
  •  このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク