無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

日本経済新聞, 2008/ 2/19 朝刊, 15面. 村山 恵一=記名記事

エニーボッツ社の創業者トレバー・ブラックウェル氏による。

>人間を単純労働から解放する家事ロボットこそが世界を変える

>ロボットは友達にはならない。退屈な仕事を任せ、その分、人間は人間との付き合いを大事にすべきだ。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Chiyoda WEB Library

千代田Web図書館とは

ネットを通じた電子書籍(コンテンツ)の貸し出しサービス(期限付き使用)。2007年11月開始。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
だって、「1日分の栄養がこれだけで摂れる」といったって、1日に食べるものを全部ミキサーに入れてつくったミックスジュースを飲みたがるのは、「1日分の栄養がこれだけで摂れる」というコンセプトを十分に理解した人だけだろ。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
ATOK体験版を入れてみた。

文章能力が上がりますかどうか。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
「Mukyu Academic Notebooks ページ別表示」において、ページを開くと同時に、PDFファイルのダウンロードが始まり、その様子がアラート表示される問題が発生しています。

現在、解決方法を探しております。
2008/ 2/19追記:
「Adobe Reader」のアンインストールの後、再インストールをすると解決しました(ページ内にPDFファイルが表示されるようになりました)。

解決方法をまとめました



本来は、ページの右75%(問題発生の場合に白紙表示になっているところ)に、ページ別表示の対象のPDFファイルのページが表示されます。

この問題を、私は認識しておりましたが、PDFリーダーの環境設定を替えれば解決できると考えていました。その方法を書いたページをつくり、そちらに問題が発生した閲覧者を導けばよい、と考えていました。

しかし、2008年 2月16日、私のパソコンでもその問題が発生しました。PDFリーダーの環境設定に問題はありません。最近、WindowsアップデートとAdobeリーダのバージョンアップをしたので、その影響だと考えられます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
整理された情報に人が接するあるゆる対象はインターフェイスである。



インターフェイスは、操作盤(コンソール)だけじゃない。文章もインターフェイスである。一般化して表現できる語はないかな、と探していて思いついたのが「整理された情報に人が接する対象」であった。

「文章もインターフェイスである」ということを考えたのは、以下の文章を読んだときである。

中田 亨 : ヒューマンエラーを防ぐ知恵 (化学同人 DOJIN選書, 2007) p.188.

> シュナイダーマンという学者は、一九八七年に「ヒューマンインターフェイス設計の黄金律」を提唱しました。それによると、表示方法や操作方法には一貫性がなくてはならないとあります。

私が、大学4回生だったとき、所属研究室において文章の書き方をいろいろと教ったのだが、その一つが、

  表現を一貫させること

だった。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
第1種基礎研究の出力は知識であり、それが載せられた出力物全体(著作物)は著作権によって守られる。思想そのものの排他的権利はない。

第2種基礎研究の出力は人工物であり、重要思想は特許によって守られる。その思想の実施には排他的権利が与えられる。

著作権の保護期間は、著作者の生存期間中と、その死後50年間である。著作物の複製は容易にできる。

特許権による発明の保護期間は、20年間である。保護期間が過ぎても発明された人工物の複製は容易にできるとは限らない。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
最近になって「知の国産」が話題にのぼるようになった。

近代日本では、まがいなりにも、外国技術の日本語による導入により「知の国産」が行われた。

外国技術の導入は、日本語を用いることにより、それ以前に日本がもっていた技術の改良という形態で進められたのではないか。つまり、日本の技術の脈絡は、文明開化の浮ついた時代においても保たれたのである。

さて、現在、英語圏では「学習の高速道路」の整備が急速に進んでいる。

梅田 望夫 : ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書, 2007) p.172.

> 英語圏ネット空間の知は、「次の十年」で圧倒的に充実していくだろう。このまま十年が経過すると、英語圏の「学習の高速道路」が著しく充実し、英語圏に生まれ育つことの優位性がこれまで以上に増幅されてしまうのではないかという危惧すら抱く。

もし、日本語の「学習の高速道路」の整備が遅れれば、英語の「学習の高速道路」を走ってきた人が増えることになる。

そのような人は自らが新たに得た知見を英語で表現することだろう。こうなれば、その分野の日本の技術の脈絡は、ここで途絶えてしまう。

自国言語で技術が語られないことの、国的な損失は多大である。

立花 隆 : ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術 (文藝春秋, 2003) pp.176-177.

> 福居浩一『タイ文字を創れ』(化学同人 二八〇〇円)は、海外技術協力の一環として、タイ、インドネシア、ビルマなどで、技術書をその国の言葉で出版する事業に取り組んだ日本人の物語である。
 東南アジアに限らず、発展途上国では、従来、技術書が現地語で出版されることはなかった。

> 幾多の難関をのりこえて、...といった一般向けの技術書が五十八点も各地で出版され、大歓迎される。現地語の技術書が出ることで、その国の技術水準が大幅に上がる。

自国の技術の脈絡が途絶えるということは、将来における技術開発に、自国脈絡の技術が参加できないことを意味する。そして、発展しない技術は、その技術に関わった過去の自国民の辛苦と叡智を道連れにして消えてなくなるのである。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
ウェブ国産力」という本を買った。

まだ読みはじめてもいないのだが、背表紙の「国産」という言葉が妙に気になるのである。

国産

私は、この言葉にノスタルジー(懐古)を覚えるのだ。

ノスタルジーを覚える以上、「国産」という言葉は、私の過去の一時期に私を捉えた言葉であり、また現在の私を捉えている言葉である。

過去の一時期とは、1990年代半ばである。純国産の「H-II ロケット」に魅せられた。純国産ロケットの開発は、米国製のロケット・コンポーネントを使ってロケットをつくっていた日本のロケット技術者の悲願であったことは事実であろう。

しかし、「H-II ロケット」の次の世代のロケットである「H-IIA ロケット」は、純国産ではなくなった。純国産ではコストがかかりすぎたのである。ロケットに限らず、産業界は海外生産を押し進めた。

現在、工業製品が国産であることは、特に明るい話題とは考えられない。つまり、工業製品が国産であることは大きな意味をもたない。

対照的に、現在、国産であることが意味をもつのは、知的生産物に関してである。

私は、ブログエントリー「国力を決めるもの」において、社会が成熟するにつれて、国力の決定要因は、人口から機械の生産に、機械の生産から知の生産に移行すると書いた。成熟していない社会において、人口を決定する要因は農業(第1次産業)の生産量である。通常、社会が成熟するにつれて、産業の中心は、農業(第1次産業)から製造業(第2次産業)、製造業(第2次産業)からサービス業(第3次産業)に移行するといわれる。第○次産業という考え方と、「国力を決めるもの」という考え方は、観点が異なるものの、同じ考えを指している。

そして、この考えが、国産であることが意味をもつ対象の遷移を説明する。

では、人が国産であることが意味をもつ時代とはいつのことであろうか。

私は、それをお雇い外国人がいなくなった時代ではないかと考える。業界を限れば、ごく近い過去がその時代であった業界(例えば、プロサッカー世界)もあり、実感しやすい。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
人力検索はてな -- 可読性の高いプログラミングに関して書かれたお奨めの本を紹介してください。

あるプログラムを、その可読性を高めるために、書き換えをします。

FORTRAN (66?)で書かれており、たとえば IF文の条件満足時の動作はすべて GOTO になっています。算術IF文も多く使われています。

なお、書き換えに際しては、FORTRAN 以外の言語にすることはありません。あくまでも「可読性を高める」ことが目的です。

条件:
・入手可能なものにかぎります。
・日本語で書かれたものに限ります。
・実践向けでお願いします。
・FORTRAN 以外の言語に特化した説明でないもの。(FORTRAN 向けの本があるとは思えませんが、どんな言語でも応用できる内容の本をお願いします)
・例として、以下のいずれかの言語が使用されているもの: FORTRAN / Fortran, C系列, Javascript, Perl, BASIC, VBA 。


 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク