FC2ブログ

無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

テレビ受像器は、「遠く見」、「ながら見」を使用形態とする機器である。

よって、テレビ受像器による視聴は、人をリラックスさせられる。

テレビ受像器は、ネットで知的行為をし、知的生産物を出し尽くした人が緊張感なくそれを使用し、それにひたり、人に「ひらめき」(インスピレーション)を与える機器になれるのではないか。

テレビ受像器には、家庭において良い場所を占めているという既得権益を活かして(既得権益があるうちに)、その性質が活きる新たな役割を担ってほしい。
スポンサーサイト



 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
閉鎖して廃墟になったロシアの図書室 - GIGAZINEを見て思い出したこと。

長尾 真 : 電子図書館 (岩波書店, 1994) p.49.

>ただこの場合でもそのリストから本がどの書棚のどこに置いてあるかがたどれねばならない。リストからあるはずだということになっても、どこにそれがしまってあるかが分らねば意味がない。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク