無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

TS330486.jpg

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
山崎 浩一 : 雑誌のカタチ―編集者とデザイナーがつくった夢 (工作舎, 2006) p.22.

> いくつかの「旬」の雑誌の発売日を待ってさえいれば、情報と趣味のテクノクラートたちがその「賢い選択」も「巧みな編集」も「正しい解釈」もすべてパッケージにして定期的に投下してくれた、


同書 p.159.

> そして雑念や雑音や雑言の中にこそ、私たちが「信号」と決めつけてしまう領域を超えて外部や他者へとひろがり、つながる「隠れたもうひとつの信号」が含まれていたりもする。


同書 p.28.

>「雑誌を読む」という行為は、... さらにはその雑誌をつくる人々や同じ雑誌を読む人々のことに想像を巡らせながら、


同書 p.156.

>「なるほど。こいつの頭の中は今こうなっておるのか」と。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
「週刊アスキー」の「モアPCプロジェクト」は、2008/ 6/10 号 で終わっていた。

TS330479.jpg

Let'snote BLOG | インテル主催、パナソニック協賛、超大型プロジェクト、いよいよスタート!(2007年05月15日)
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
アクセスポイントの電源を切り、再度つけたら、直った。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
EeePC 901-X 導入までの経緯を説明する。

モバイルパソコンをセカンドPCとして運用する概念の確立まで


2006年 3月12日、就職を控えた私は、会社の寮で使用するパソコンとして、「Gateway 7430JP」を購入した。

この時の要求仕様は、以下のようなものだったと記憶している。
  • 形態: ノートパソコン

  • 性能:
    • CPUクロック周波数: 2GHz以上であること。
    • メモリ: 512MB以上で増設可能なこと。
    • その他: USB2.0ポートを搭載すること。

ノートパソコンであるという要求は、会社の寮がどのような環境であるか分からないので、どのような環境でもマッチすることを求めたものである。

性能要求は、メイン機としての運用に耐えることを求めたものであり、当時の現有メイン機の性能をあらゆる面で超え、さらにそれを上乗せしたものであった。

「Gateway 7430JP」は質量を 3.4kg もつ「重ノートパソコン」であり、以上の要求仕様をよく満たす 良いPCである。

「Gateway 7430JP」の購入から 1年後、次に買うPCに関して考えた。社会人になり、20万円程度のPCならば難なく買えるようになったからである。

二つのカテゴリー候補があった。

ひとつは、据置き型のデスクトップパソコン、
もう一つは、持ち運び容易なモバイルパソコンである。

「Gateway 7430JP」は「重ノートパソコン」であり、両者の真ん中に位置した。もし、「Gateway 7430JP」を買わずにデスクトップパソコンあるいはモバイルパソコンを購入していたら、次に購入するのはその反対でよかったのだが、「Gateway 7430JP」が真ん中に位置するため、どちらにしようか迷った。

結論は、

 次期購入機を後者――即ち、持ち運び容易なモバイルパソコン――とし、セカンドPC(「サブパソコン」と呼んだ)とする、

というものである。理由は、いままで所有したことがない機動性にすぐれた機体に可能性を感じたからである。

2007年 6月13日、サブパソコン購入計画という記事を書いた。

しかし、「5万円ぐらい?」で「可搬性大」な(質量 1kg 程度) PC は、当時なかった。購入計画は保留となった。


EeePC 901-X の購入決定


2008年 4月ごろ、EeePC 4G-X の存在を知る。

EeePC 4G-Xこそ、「5万円ぐらい?」(当時 49,800円程度)で「可搬性大」な(質量 920g) PCであった。

ASUSTek ノートPC EeePC 4G-X


EeePC に機種選定する際の「対抗」は、

SONY 「mylo」 パーソナルコミュニケーター COM-2/B


であった。

「mylo」でも十分ではなかろうか、という考えがあったからだ。しかし、文書入力におけるストレスを考えると、ちゃんとしたキーボードが欲しかった。

したがって、EeePC に決した。

ほぼ同時に、EeePC 900シリーズの存在を知る。

セカンドPCの購入は急ぐ必要がない。そこで、「EeePC 900シリーズの日本発売と同時に、それを購入する」という方針が決まった。

EeePC 901-X の購入


EeePC 900シリーズの日本版が7月中に発売予定」であるという情報はつかんでいた。

一時期、他の UMPC に浮気しそうになったが、EeePC が SSD 搭載であることに魅力を感じて、発売日を待っていた。

EeePC 900シリーズの日本版 EeePC 901-X の発売開始は、2008年 7月11日であった。しかし、私はそれに気づかなかった。

発売が開始されているのに気づいたのは、7月20日。「7月中に発売予定」って具体的には何日から発売なのだろうと、Web 検索して始めて知ったのだ。

即日、注文した。そして、2週間後、我が部屋に EeePC 901-X がやってきたのである。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク


ACアダプタの青色LEDが明るすぎる。

夜の真っ暗な部屋の天井全体に、光の存在を示させるほどである。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
セキュリティーソフトをCドライヴにいれたら、残り容量が少なくなり、休止状態(ハイバネーション)ができなくなった。

他のプログラムは Dドライヴにインストールしたのだが、このセキュリティーソフトは入れるときにインストール先を聞いてこなかったような気がする。

なお、スタンバイ(サスペンド)は可能。

PCゲートのなるほどPC講座:「スタンバイ」と「休止状態」
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
グローバル社会における戦略は、
  • トップか、
  • ローカルか(個人情報の公開)。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
EeePC 901-X は、UMPCであり、キーボードが小さい。

今のところ、押しにくい或いは押し間違いが多いのは、

  • 十字キー[←]: 誤って隣の[メニュー]キーを押してしまう。

  • [Ctrl]: EeePCのキーボードには、右[Ctrl]キーがない。しかし、普段、右[Ctrl]キーを使い、左手で[X]・[C]・[V]などを押しているため、戸惑っている。

  • [半角/全角]キー: 最上段左端[ESC]の右隣にある。


追記: 慣れれば大丈夫です。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
EeePCはモバイル機なので、LANも無線LANにします。



注文していた無線LANアクセスポイントが届いたので、設置しました。

EeePC 901-X 内蔵の無線LANカードは、最高300Mbpsの転送速度を持つ IEEE802.11n(Draft 2.0) に対応しています。そこで、購入したのが、これ↓です。

コレガ 無線LANブロードバンドルータ CG-WLBARGNH


うまくつながるかどうか不安がありましたが、インターネット接続は、すぐにできるようになりました。

メインPCとのファイル共有は、最初、うまくいかなかったのですが、両PCの「ワークグループ」名を同じものにすることで * 、成功しました。

設定は、Windows XP の場合、「コントロールパネル」の「システム」内の「コンピュータ」名タブの「変更」ボタンを押して行いました。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
EeePCをセカンドPCとして購入したので、EeePCをメインPCを置いている机で使うつもりはない。

メインPCを置いている机のまわりは、口のたくさんついたOAタップ(雷サージつき)がある。

EeePCの導入に合わせて、無線LANアクセスポイントを設置するので、空きコンセントが不足することは分かっていた。そのため、普通のタップを注文している。

しかし、それだけでは足りないことに気がついた。

EeePCは、机以外の場所が主な使用場所になるため、そこに新たなタップをおかなくてはならない。しかも、それは、雷サージつきのタップでないといけない。

最近、雷がよく鳴るので、雷対策を十分にしておきたいのだ。

そこで、私が出した結論は...

ヤザワ 雷サージ付トリプルタップ3コ口白 STT153W
+注文している普通のタップ
+100円ショップのタップや延長コード



これらを組み合わせて、電力供給の問題を解決する予定である 解決した。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
EeePC 901-X には、130万画素のカメラが内蔵されている。それを使ってみた。

とりあえず、[7638960]内臓カメラの使い方 | MSNデジタルライフを見て、「マイコンピューター」から「カメラ」を選んで使用した。なお、この使い方が分かるまで15分ぐらいかかった)

そして、撮影。

1280ピクセル×1024ピクセル の写真が撮れた。

自分撮りの向きにカメラがついている (テレビ電話のような用途が想定されているため) ので、見苦しい私の姿が移ってしまったので、トリミングしてここに載せる。

20080805_002.jpg

暗い。昼の野外ならばそれなりの明るさでうつるのかな。

一番の問題は、シャッターを切るときに、画面の「撮影する」部分をクリックしなければならないこと。

つまり、EeePCを持ち上げ、撮影対象に狙いを定めて、シャッターを切ることはできない。片手が正確なクリック操作に専念しなければならないからだ。

内蔵カメラの使い方は、後々、勉強することとしよう。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
マニュアルを読むうちに、Bluetooth送受信機能をもっていることに気づきました。

ということで、EeePCのはじめての通信の相手は、

 携帯電話 W32T

となりました。

携帯電話で撮った画像を、Bluetooth で、EeePCにコピーしました。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年 8月 4日、EeePC 901-X がやってきました。




TS330463.jpg


バッテリー未装着
TS330464.jpg


付属のキャリングバッグ。ベストフィットすぎるんじゃないか。
TS330465.jpg


いよいよ起動
TS330467.jpg


起動しました
TS330468.jpg


ウブなデスクトップ画面
TS330474.jpg


付属のマウス。LEDの光がやさしくマウスを内側から照らす。まるで表面が卵の薄皮のようだ。
TS330473.jpg

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
パールホワイト EeePC901-X PW

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
「発想する」カテゴリーは新しいブログに移行しました。

以後の更新は、知的生産ブログ カテゴリー「発想する」にて行われます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク