無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

Abstract: An efficiency is proportional to the square of ease of access.

メトカーフの法則 - Wikipedia [2008年1月27日 (日) 13:59 の版]

>「ライリーの小売り引力の法則」(顧客吸引力は、人口ないし品揃えに比例し、距離の二乗に反比例する:これを一般化すると、「集積によって発生する効果は、集積量に比例し、アクセスの容易さの二乗に比例する」となる)

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Abstract: linkage, leading and learning.

ある企業の社長が、入社式あいさつにおいて、新入社員がすべきこととして述べたことを単語で表わすと、

 連携・主導・学習

である。

個人が内向きに自分のすべきことを考えるときの考え方は、これでいいと考える。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Abstract: An thinking-connection of people in science fiction.

「蒼穹のファフナー」 フェストゥム

「マクロスF」 バジュラ

「機動戦士ガンダム00」 イノベイター

「とある魔術の禁書目録」 ミサカネットワーク

「とある科学の超電磁砲」 レベルアッパー

「攻殻機動隊」 電脳技術

  (不完全ながら、集合無意識を進展させたスタンド・アローン・コンプレックス現象などを引き起こす。)

「新世紀エヴァンゲリオン」人類補完計画

  (「できそこないの群体としてすでに行き詰まった人類を完全な単体としての生物へと人工進化させる補完計画」。肉体も単一化? 未遂。)

「コードギアス 反逆のルルーシュ」 ラグナレクの接続

「lain」 シューマン共鳴
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Abstract: Schumann resonance

「lain」第9話 (Protocol of lain's world/layer:09 storyを修正)

>地球には、地球自らがもつ固有の電磁波が存在する。電離層と地表との間で、ELF帯に8ヘルツの周波数で常に共鳴が起こっている。これをシューマン共鳴と呼ぶ。

この、地球が常に放っている、いわば地球の脳波は、人類にどれだけの影響を及ぼしているのか、未だに判ってはいない。地球の人口は、やがて脳内のニューロンと同じ数に達する。ダグラス・ラシュコフは、地球上の人間同士がネットワークで相互接続する事により、地球自身の意識をも覚醒させうると主張している。

確かにネットワークはニューロテックに進化を遂げており、人の脳内のシナプスに繋がれたそれと同じく、地球そのものがニューラルネットワークと化していると言える。


>橘総研の主任研究員だった英利政美は、地球を覆うニューラルネットワーク仮説を更に進化させ、地球上の人間はすべて、デヴァイスすらも必要なく、ワイヤレス・ネットワーク上に無意識下に配置されるという仮説を発表した。

さらに彼は、第7世代目のワイヤード・プロトコルに、シューマン共鳴ファクターを独断により暗号化して書き加えていた。


シューマン共振 - Wikipedia
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Abstract: Information-sharing weakens people's feeling of responsibility.

情報の共有が、ある行動に対する責任感をなくさせる。

理由:
情報の共有が、情報を得られる特権集団をなくした。

権利がないということは、義務がないということである。即ち、自発的には「責任感がない」ということである。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Abstract: The most important element of real battles is human.

「コードギアス 反逆のルルーシュ」第2話「覚醒 の 白き 騎士」

>学ばないとな。実戦の要は人間か。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Abstract: reaction force -> restriction -> memory -> optimum -> maximal production

家具は、空間に記憶能力をもたらす。適切な位置に適切なものをあらしめる記憶能力。この記憶が、最適化を実現し、生産力を極大化する。

この記憶能力は、制約によって実現されている。制約は反力発生能力によって実現されている。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Abstract: Value of records is raised exponentially by a grand design.

>記録の価値を飛躍的に高めるには
グランドデザインが必要です

Photo and Message -- photograph web log --
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Abstract: Call by reference in Perl.

送信側:
\@Array, \$var, \%hash, \&method

受信側:
*Array, *var (ただし、サブルーチン中での宣言は my ではなく local )
あるいは
@{ } ${ }

call送信、sub受信の場合、引数もcallする側に返される(場合がある?)ので注意。それが不都合ならば、callする前にコピーをとればいい。

例:

&Method_A(\@Array, \$Var);

*Array = &Method_B();
@Array = @{&Method_B()};

sub Method_A {
my ( $Array_ref, $Var_ref ) = @_;
my @Array = @{$Array_ref};
my $Var = ${$Var_ref};
...
return (0);
}

sub Method_B {
return ( \@Array );
}
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Abstract: a multi-dimensional array in Perl.

Perlで2次元配列などの複数次元配列を使う方法:

2次元配列( Array(i,j) | i=(0,…,i_max), j=(0,…,j_max) )を例にして説明します。

● 宣言:

@Array = ([],[]);

● 複数次元配列の中間配列 ( Array(i,*) ):

@{$Array[$i]}

中間配列の要素の最終インデックス(j_max)が欲しければ、

$#{$Array[$i]}

なお、$#Array とすれば、i_max が得られる。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク