無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

TS330720.jpg
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
予測を使って、予知を延長することができる。

 予測: 科学 (真)
 予知: 術 (美に近い)

以下を参考した:

社団法人日本地震学会:なゐふる:vol.11 (2/6)

>「予知」と「予測」の違いについては研究者の間でも議論がありますが、「予知」は「直前予知」を指すことが多く、必ずしもその仕組みがわかっている必要はないし、時間的に狭い範囲を対象としています。それに対し私たちが考える「予測」は、ある計算式に則って比較的広い時間帯について、確率予測というぼやっとした予測をするものです。

Delusion: 予知と予測の違い

>「予知」とは、脈絡もなく感じ取った事象を表現すること。
人間に隠された十人十色な「第六感」が働いた時にできること。

「予測」とは、データに基づいた事象から発生することを表現すること。
知識があれば誰もができること。予知よりも的中率はかなり高い。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
「ゲキ・ガンガー」を書け――国民文学による優れた考え方の共有

>出版物としての質をもっていれば、それは時々に再版され、「自己増殖」さえする。

優れた作品は、以下を奮い立たせ、行動させる。
  • 作品を「見つかるようにする」「読めるようにする」、優れた解説者・出版者・司書 (および図書館システム) 。
  • 作品を読んで自分なりに解釈し、新たな視点を付け足し、不要ものを除いて、新たな作品を創る次世代の表現者。

発想の元:
Blog 一番星 J. D. サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」におけるコメント。

鎌池 和馬 : とある魔術の禁書目録 7 (電撃文庫, 2008) p.165.

>「はい。魔道書とは、つまり設計図でございます。雷を扱う魔道書とは、同時に雷を出す発生装置になってしまうという事でございますよ。原典クラスともなれば人の魔力などなくとも、地脈や竜脈などからわずかに漂う力を増幅して、半永久的に活動を続ける自己防衛魔法陣を形成してしまうのでございます」

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
適切な解答を導き出す、社会の仕組み」を改良するためには、社会を構成する個人が、共通の優れた考え方を保有するとよい。

共有された考え方は無視されない。どのような個人でも、それを使用しなかった場合には、使用しなかった理由を説明しなければならない。

個人に考え方を修得させる方法として、国民文学を媒体にすることがあげられる。広く伝わるストーリーによって、多くの個人に考え方を修得させることができる。

考え方は単独では伝搬性が弱い。深く理解されず、すぐに忘れ去られる。しかし、ストーリーにくるまれると、深く理解され、忘れられにくい。出版物としての質をもっていれば、それは時々に再版され、「自己増殖」さえする。

アニメ「機動戦艦ナデシコ」では、地球連合と対立する国家連合体の所属員が、「ゲキ・ガンガー3」という(架空の)アニメ作品を、聖典として意志決定や行動の規範にしていた。

補足:
一般に文学において同じ考え方を繰り返しては、飽きられる。しかし、歴史文学 * では同じ考え方を繰り返しても飽きられない。

* 例えば、織田信長の革新性、豊臣秀吉の創意工夫・立身出世、徳川家康の長期視点は、すぐれた考え方である。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
バッチファイルにおけるファイルパス表現では、¥を使う。/は使わない。

正解

copy inner.dat ..¥mag2profile

誤り

copy inner.dat ../mag2profile
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
巨人の肩に乗っている。その巨人の正体は、過去の蓄積である。

倉田 敬子 : 学術情報流通とオープンアクセス (勁草書房, 2007) pp.27-28.

>過去の蓄積の上にしか存立し得ないというのは、科学に限らず知識全般に通用することであるが、パラダイム論に代表される科学活動の実践とは、まさに皆で少しずつ「煉瓦積み」を行なっていくプロセスであり、累積性という性質は科学活動を象徴するものである。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
とりあえず「すばらしい」とでも言おうか。

王様のレストラン」のギャルソン・千石武のように。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
2000年~2099年の間、有効。細かいことは気にしない。

sub getDatefromString {
# 文字列の中に含まれる日付情報を取得する
# 変数・配列 ---
my ($str) = @_;
my $out;
# /-------------
if ($str =~ /20(\d{2}).*?(\d{2}).*?(\d{2})/i) {
$out = '20'.$1.'/'.$2.'/'.$3;
} else {
$out ='';
}
return ($out);
}
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
戸部 良一, 寺本 義也, 鎌田 伸一, 杉之尾 孝生, 村井 友秀, 野中 郁次郎 : 失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫, 1991) p.388.

>日本軍の最大の特徴は「言葉を奪ったことである」(山本七平)という指摘にもあるように、組織の末端の情報、問題提起、アイデアが中枢につながることを促進する「青年の議論」が許されなかったのである。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
    Dim MaxSize As Integer
MaxSize = 1000 ' 配列のサイズを表わす変数

Dim Id() As Integer
ReDim Id(MaxSize)
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
1. 目的関数の作成

2. 目的関数の計算

 目的関数の引数:

  要求事項:選抜する側の情報  
  目録情報:選抜される側の情報

3. 目的関数の解のソート
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
分類する」ことによって、分業が可能になり、物事を消化しやすくなり、全体をつかめるようになる。

分業


分業によって、集団の生産性が向上する。

これは、アダム・スミスによって発見され、T型フォードの生産において実装された。

消化


消化の容易さは、伝達の容易さと初期投資の低減につながる。

関連:
技術は分解して人に伝えることができる

全体


分類することによって、逆説的に全体をつかめる。分類行為は、知識の構造化作業のなかで重要部分である。

分類と全体が表裏一体である傾向は、フレームワークに特に強くみられる。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク

個別予測知識を得る


  • これまでに得られている個別予測知識――個別予測知識の取得を加速する道具として

  • ブラックボックスへの操作装置・観測装置――操作を加えて、どのような変化が起こるかを観測する

  • 変数を組み合わせを発想する装置

  • 観測された数値を組み合わて新たな数値をつくる演算装置

  • 傾向の有無を判別する装置

関連:
予測知識になる、傾向が現れるグラフを描く
世界は単純である

連続予測知識を得る


  • 個別予測知識を組みあわせる演算装置

関連:
佐藤 哲也「未来を予測する技術」
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク

予測の連鎖を長く続けることができる


予測知識があれば、予測の連鎖を、有為なものとして長く続けることができる。

その結果、踏み込んだ予測ができる(深い予測)。また、全体像を予測することができる(広い予測)。

関連:
各論否定ではなく、全体像を示す必要がある

第一推定値を得られる


予測を単純につかうことにより、第一推定値を得られる。

第一推定値を知っていれば、それだけで、及第点を取れる。

また、ローカル・ピークを登ってしまうことがない。

予測と異なる結果が生じた場合に得られるものがある


予測知識が正しいのならば、予測と異なる結果が生じた原因は、考慮外の存在(外部の介入・内部の不自然行動などを含む)である。考慮外

の存在を知ることができる。

関連:
「なぜわざわざ非常識なのか」という疑問
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
学術は、適切な解答を導き出す社会の仕組みを改良する。

それは、以下の点で行われる。
  • 高度化する。すなわち、理論・法則は、個人の予測能力を高め、適切な解答を導き出す社会の仕組みを改良する。
  • 形式知化する。そうすると、仕組みの堅牢性と移植性が増す。
  • 根拠を与える。そうすると、安心して仕組みを運用できる。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク