無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

頭がよい社会がもつ「幸福量」は絶対的に大きい *。

故に、我々は、社会の頭の良さを増そうとしなければならない。野蛮に落ちてはならない。

* 註:
これは、頭がよい個人が幸せであり、個人の集合として、社会が同様の性質をもっているということではない。

また、幸せかどうかは相対的な評価であり、頭がよい社会において多くの個人が幸せだと感じるかどうかは別の問題である。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
・問題解決の手段: インターネットは、問題を解決する手段でもある。

・言論の自由の尊重: 言論および表現の自由を尊重する。

・多様性の提供: 知的ネット社会は多様性に強みをもち、多様な思想をリアル社会に提供する。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク