FC2ブログ

無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

文章、すなわち言語による表現は、骨格である。骨が集まって一つの構造体を為している。

さらに、骨格と骨格が結びついて形成された構造が、

 ・小さいか、大きいか、

 ・鎖状であるか、網状であるか

は、大いに関心が払われるべきである。

小を大にする作業、鎖を網にする作業の意義は大きい。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
文章、すなわち言語による表現は、骨格である。骨が集まって一つの構造体を為している。

この骨格は言語が理解され続ける限りにおいて、不滅である。

他の骨格、そして社会と結びつくには、肉がいる。

肉は、徐々に滅してゆき、人の死によって完全に滅する。しかし、骨格は不滅である。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク