無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

ブログを管理していて、迷惑コメントを消そうとして、誤って迷惑でないコメントを消してしまいました。

コメントを消しても、データが残っていて、復活できるブログもありますが、残念ながら FC2ブログ では復活できません。

以下の方法で、消えてしまったコメント内容を取得し、その内容を再度コメントして、復活させました。


 使うサービス: Googleキャッシュ


(1) Google の検索窓に、消してしまったコメントのブログ記事の URL を入力して、[Google検索]ボタンを押す。

(2) 検索結果のうち、当該ブログ記事に付してある「キャッシュ」リンクをクリックする。

(3) 表示されるキャッシュ(Googleが保存したブログ記事データ)から、消してしまったコメント内容を取得する。


あるいは、


(1) 時間の穴の「Googleキャッシュ」検索窓(青色囲み)に、消してしまったコメントのブログ記事の URL を入力して、[Googleキャッシュ]ボタンを押す。

(2) 表示されるキャッシュ(Googleが保存したブログ記事データ)から、消してしまったコメント内容を取得する。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
論語 顔淵第十二 295

子貢問政。子曰、足食、足兵、民信之矣 [民 之を 信にす]。

子貢が政治の要道を問うた。孔子は、「食糧を満たし、軍備を充実し、人民に信義を持たせることだ」と答えた。


ここで、「○○を国民参加のもとで実施し、この効用を国民に供する」という戦略を考える。

司馬遼太郎「坂の上の雲」に描かれた明治は、徴兵制。即ち、国民(臣民)の軍事への参加であった。

広告代理店は、ブームをつくり、国民の購買意欲を煽った。それは、国民の経済への参加であった。

次は、国民の知への参加である。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク