無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |
要約:
ネット選挙、そしてそれ以後に表れるネット政治は、以下の行動を内包する。これらは、社会(国)において、従来よりも適切な解答を導き出す:

(1) 候補者・議員、有権者(支持者、一般有権者)による、明示された意思表明(コミットメント)の蓄積による、

  - 有権者における、社会的問題に対する自説の構築と、問題解決のための有力な選択肢をよく理解した上での選択。候補者・議員、有権者による、過去の意思表明への省察。それらの積み重ねの結果として、候補者・議員、有権者それぞれ個人における、より根本的な問題に対する意見(政治観)の構築。

  - 有権者の政治への関心・行動の継続。それによる、議員-有権者間の政治的緊張感の継続、有権者による議員・執政者への政策実現優先順位の示唆。

(2) 支持・反対の迅速な可視化による、極少数意見への過剰に高い評価の排除、有権者の総意に従った大きな政策の実現。



(本文: およそ2200字、原稿用紙 6枚相当)

2013年(平成25年) 7月 4日に公示される第23回参議院議員通常選挙(投票日: 2013年 7月21日)から、2013年 4月19日に成立した「公職選挙法の一部を改正する法律」(平成二十五年法律第十号)によって改正された公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)に基づき、インターネットを通じた選挙運動が解禁されます。

ネット選挙、そしてそれ以後に表れるネット政治は、社会(国)において、より適切な解答を導き出す以下の行動を内包します。そして、ネット選挙にはそのように政治を変容させる効用があると考えます:


(1) 候補者・議員、有権者(支持者、一般有権者)による、明示された意思表明(コミットメント)の蓄積による、

  - 有権者における、社会的問題に対する自説の構築と、問題解決のための有力な選択肢をよく理解した上での選択。候補者・議員、有権者による、過去の意思表明への省察。それらの積み重ねの結果として、候補者・議員、有権者それぞれ個人における、より根本的な問題に対する意見(政治観)の構築。

  - 有権者の政治への関心・行動の継続。それによる、議員-有権者間の政治的緊張感の継続、有権者による議員・執政者への政策実現優先順位の示唆。
* * *

ネット選挙によって、候補者、有権者による、政治・政策に関する文章表現が増えることが期待されます。選挙期間という候補者にとって最も有権者に訴えなければならない期間に、候補者、有権者が、自らの意思を文章表現でき、それを合法的なものとして白日の下に流通させることができます。

ひとつの効果的な集票方法として、有権者に支持者になってもらい、支持者が個人的に持つ信頼を使って、さらに支持を広めるという方法があります。候補者Aが有権者を支持者に変え、支持者が他の有権者に候補者Aを支持してもらうためは、説得が必要です。説得には、印象ではなく絵姿を示した言葉が必要です(印象だけなら、容易に他の候補者に上書きされてしまいます)。

そして、候補者、有権者によって、多くの文章表現が生産され、流通します。これは、選挙終了後にも、容易に閲覧可能な形態で蓄積されます(消すことは、信頼を失うことに繋がります)。

有権者は、自らの思考によって、自分の意見と多くの文章表現を組み合わせ、社会的問題に対する自説を構築していきます。

その中で問題への理解が深まり、問題解決のための有力な選択肢に対し、その構造や他への影響を含めて、理解した上で選択ができるようになります。

また、候補者・議員、有権者にとって、過去の意思を閲覧可能であることは、省察に役立ちます。都合の良い忘却、記憶の改変の影響を受けずに正確で、深い振り返りの実施に繋がります。

様々な問題に対して、それらを積み重ねていくことによって(帰納的結果として)、より根本的な問題に対する意見(政治観)が構築されます。


ネット上での文字書きを伴う活動は、些細なものであっても、他人への意思表明(コミットメント)です。人は、自分の過去の意思表明に強制される傾向にあるので、それは同時に、自分の未来の行動に道筋をつけるものになります。

しかも、ネット上での文字書きを伴う活動は、後からでも、自分で見返され、また他者に閲覧され得るため、自分の未来の行動に道筋をつけるもの(自分への強制力をもったもの)として、強いものです。

対して、投票は意思を表明する行為のひとつですが、自分が一度投票した投票用紙を二度と見ることはなく、また他者に閲覧されることは決してないため、自分の未来の行動に道筋をつけるものとしては弱いものでした。

それは、選挙後の継続的な政治への関心、政策の早期実現への行動を生みます。例えば、継続的な話題にすること(日常のコミュニケーション、周囲の人々の政策への誤った理解への是正、政策の内容・現状に関するコンテンツの作成・公開・他者への紹介、デモへの参加、など)。資金協力をすること(書籍・グッズなどの購入、募金・寄付、など)を挙げられます。

それによって、議員-有権者間の政治的緊張感が継続します。また、議員・執政者へ、政策実現優先順位が示唆されます。


(2) 支持・反対の迅速な可視化による、極少数意見への過剰に高い評価の排除。有権者の総意に従った大きな政策の実現。
* * *

ネットによる政治への効用のひとつは、支持・反対が迅速に可視化されることです。一部の極少数意見(多くの場合に"反対")が過剰に高く評価されて政策全体の実現が、たいていの場合に異常に消極的になることを防ぐことができます。

また、複数の政策は互いに二律背反な面があります。例えば、手厚い福祉と税金の少なさは、両方とも単独には支持される政策ですが、両立して実現することは(省資源国である我が国には)困難です。

よって、各々の政策を規模をいくらか削減し、それぞれを工夫して組み合わせて政策パッケージ(大きな政策)をつくることになりますが、反対勢力の出現は必至になります。反対だけでなく、支持と反対を迅速に数え、可視化することは、政策の組み合わせを調整し、政策パッケージを実現するために必要です。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。