無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

山本太郎氏当選に思う--噛みしめるべき格言「教育のない民主主義は無意味」を読んで、以下を考えた:

民主主義は、多数決により決定がなされるので、「悪霊」(:人間を束縛する、そして身近にある非科学的な概念の総称)を、まず取り除かなければならない。すなわち、有権者・議員は、自分の意思決定が科学・理性に則るように注意しなければ、「悪霊」が全体の意思を決定してしまう。特定の「悪霊」は、一個の社会において、大きな割合の構成者が共通して内に持っているものであるからだ。

内に持っているもの(例えば、不安)は、いくら大きな割合の構成者が共通してもっているからといって、正しいとは限らない。科学・理性に則らなければ、それが正しい確率は低い。

最相 葉月, 瀬名 秀明 : 未来への周遊券 (ミシマ社, 2010) p.111. (瀬名氏による)

沖縄で飛んだとき、あるパイロットに助言された。決して直感で操縦してはいけない。飛行機は物理学によって飛ぶ。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
メールマガジンスタンド「まぐまぐ!」では、一定期間発行がないメルマガは、自動的に「休刊」になります。

「休刊」状態のメルマガを発行するには、「復刊」する必要があります。

方法は、メルマガ「復刊」方法 まぐまぐ!ヘルプに書いてあるのですが、少し分かりにくいので解説します:

1.マイページへログインしてください

2.ログイン後、下記手順にてお進めください
 トップ画面内にある「発行する(発行者ツール)」から「メールマガジンの配送」を選択

[ ※ここを間違えやすい。

「発行する(発行者ツール)」ページを見ても、見つからない。「トップ」ページ内にある、、「発行する(発行者ツール)」という大項目でまとめられた水色の四角の中(「発行する(発行者ツール)」タブではない)を見なければならない。下記のスクリーンショット参照のこと。 ]


 →「メルマガの配送・管理 全てのメルマガ一覧」から復刊する「メールマガジンタイトル」を選択
 →「メルマガの配送・管理」画面内の「復刊する」をクリックします


20130728_mag2.png

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
グーグルに淘汰されない知的生産術 - My Life Between Silicon Valley and Japan

 これからの知的生産は、組織ではなく時間の勝負になるのではないでしょうか。僕は「在野の時代」が来ると思っているんです。大学などの組織に属していなくても、時間が自由に使える状態にあれば、それはとても大きなアドバンテージになる。早期にリタイアした人や、結婚して仕事を辞めた主婦などに、高度な知的能力を備えた人が少なくありません。事務処理や会議に忙殺されて知的生産の時間がとれない大学教授よりも、時間を自由に使える在野の人が輝く時代が訪れるのではないでしょうか。

 大学の先生は「一般人に負けるわけがない」と思うかもしれないけれど、じっくり考える時間が持てずに、本当に知的活動ができているのか、真摯に考える必要があると思います。もちろん専門分野の知識では、一般人は勝てないかもしれないが、より総合的な知的能力や言語化する能力、その結果の知的生産物という点では、どうでしょうか。これからの時代、知的活動において、時間がない人こそが圧倒的な敗者になるのではないかと思います。


最も偉大な哲学者とは、博識であることが条件ではなく、最も数多くの事物に理由を与える人である。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク