無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

「子(し)の曰(のたま)わく、民の義を務(つと)め、鬼神を敬してこれを遠ざく、知と謂(い)うべし」---論語・雍也第六。


「民の義を務め」は、いかようにも解釈できる。私は、論語の主旨から離れるかもしれないが、“民が公欲に従い”と言えば良い、と考える。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
1週間ほど前から、@niftyに置いているcgiが「500 CGIエラー」を発していたのですが、本日解決しました。

原因は、@niftyのcgi利用の仕様変更により、いままでは許容されていた記述が許されなくなったことでした。

  2013年11月20日 【重要】CGIのご利用に関する重要なお知らせ

上記ページに書いてあるように、cgiによる出力は、「Content-Type: text/html[改行][空白行][改行][以降、HTML文]」が正しいのですが、いままで私は、最初からHTML文を書いていました。

今回、cgiの出力箇所の直前に「print "Content-Type: text/html\n\n";」を追加することにより、cgiエラーを解決できました。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
私が運営しているTumblr blog (Tumblr のダッシュボードではなく、投稿やリブログしたコンテンツが表示されるページ)を表示させようとすると、「RIVERS.PRO」( http://mypageresults.com/?dn=tumblrtags.rivers.pro……)というサイトに自動転送される問題が発生していましたが、このたび解決しました。

原因は、http://tumblrtags.rivers.pro/…… において提供されていた「Tumblr Tag Cloud」サービスを利用するためのJavascriptコードでした。このJavascriptコードを、消去することにより、問題は解決しました。

消去は、ダッシュボードの右上から、対象のTumblr blog を選んだ後、ページ上部の歯車アイコン(settings)を選択して、Tumblr blog のテーマを編集(Edit theme)することにより、できます。

この「Tumblr Tag Cloud」サービス * は、Tumblr に投稿・リブログしたコンテンツのタグをまとめて、Tumblr上にタグクラウド形式で表示するサービスでした。しかし、サービスを停止してしまったのでしょうか、そのサービスが提供されていたサーバーを案内する「RIVERS.PRO」ページに自動的に転送されてしまっていたようです。

* 同様の名称・機能のサービスが他にもあります。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク


Webによって断片的な知識を得られやすくなった現在において、体系的な知識への入り口が低く、そして体系的な知識を学べる放送大学って、いいなぁ、と思います。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Webサイトにおいて、新たなWebコンテンツを作成した時に、コンテンツ作成だけでは、それはWebサイトのものにならない。

組み合わせることによって、自分のものになる

組み合わせるためには、アクセス手段が現に存在していなければならない。

アクセス手段(リンク)は、場所をとる。場所を取ってもなお、アクセスできることが重要だという、価値判断がなされなければならない。

そして、アクセス手段であることが不特定多数の閲覧者に伝わるようにデザインされなければならない。そのデザインによって、閲覧者がリンクをクリックする前に、リンク先から閲覧者が得られる効用を正しく予期させなければならない。

すなわち、自分のものにするためには、価値判断とデザインという知的行為がなされ、アクセス手段を現に設ける過程が必要である。

これは、Webサイト構築において必要な作業(すなわち、時間をかけた行為)の、ひとつである。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
シャープがワープロ専用機「書院」のサポートを終了。我が家は「書院」派でした。

「書院」のシャープ、ワープロのサポートをついに終了 「まだ続いていたのか」Twitterでは思い出話 - ITmedia ニュース

シャープは1月31日、ワープロ専用機のサポートを終了した。「書院」シリーズで知られる同社ワープロ機最後の機種の製造終了から10年と数カ月。シャープの公式Twitterアカウントが「長年にわたりワープロをお引き立ていただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました」と告知すると、「まだあったのか」という驚きの声やワープロの思い出がツイートされていた。

 シャープの日本語ワープロ専用機は1979年9月に発売された「WD-3000」。「書院」シリーズとして知られ、タッチペンで図を描くことができる「ペン書院」なども登場。プリンタを内蔵したメール専用端末「アイプリメーラ」も1999年に発売された。

 だがPCの普及に伴い「文豪」のNECや「Rupo」の東芝、「OASYS」の富士通などが次々に撤退。シャープのワープロも2000年2月に発売した「WD-CP2」の生産を03年9月に打ち切った。同機は最後の日本語ワープロ機になったようだ。

ワープロ|サポート・お問い合わせ:シャープ

ワープロサポート終了のお知らせ
長年にわたり、弊社 日本語ワードプロセッサをご愛用いただき誠にありがとうございます。
さて、弊社の日本語ワードプロセッサの使い方やご購入に関するご相談窓口は2014年1月31日をもちまして終了をさせていただきました。
長年にわたり、お引き立てを賜りました事を心より厚く御礼申し上げます。


我が家に PCがやってきたのは 2000年 3月。2000年 4月~9月の、大学1回生前期の物理学実験レポートは、表・グラフはPCのExcelで作成したものの、本文は、まだ Word の使用に不安があったことと、Wordのお節介機能に抵抗があって、「書院」ワープロで作成していた。

我が家にワープロがやってきたのは、私が小学生になったころだから、1987年ぐらいだ。そして、ワープロを使わなくなったのが2000年。その間、ずっとシャープ「書院」一筋。5代にわたるが、3代目からワープロとして完成していた(:ネットがつながっていない、Word・Excel入りのPC並みの使い方ができるようになった)ので、1993年あたりから、完成していたのだろう。

なお、「Excel入りPC並み」と読んで、「?」と思った人に補足しておく。ワープロに、表計算ソフトが入っていたのだ。「書院」シリーズでは「書院カルク」というソフトだった。例えば、Excelの「AVERAGE」関数は、漢字の「平均」関数だった。Excelの「A1」セルは、「行1列1」セルだった。

その後、1995年に、Windows 95が登場、2000年でワープロ新機種発表が止ったのだから、時代の転換は早かった。見方を変えれば、その速度で、日本語表現機械が、Microsoft に席巻されたのだ。和文タイプライターの使いにくさ故の日本社会・日本民族の前途に関する絶望を取り払った、日本語ワープロ(専用機)は、ここにアングロサクソン作成の仕組みの上に動くアプリケーションとなった。

その替りに、グローバルサプライのおかげで、PCの価格は落ちてゆき、今では5万円ほどだ。

当時、ワープロは 1台20万円近くしていた。PCがそれぐらいの価格になったのが2000年ぐらいだから(我が家の初代PCは、デスクトップ機より高いノート機であったが、25万円ぐらいだったと記憶している)、2000年がワープロ専用機にとっての致命的市場退役年であった。

さて、今から 1年ほど前だろうか、タブレットの普及にあたり、タッチパネル操作形態とキーボード操作形態を1台で実現する方法について“画期的”だと話題にされたことがあった。しかし、「書院」ユーザにとって、それ全く画期的に思えなかった。「書院」の特徴に、ペン操作があり、画面に専用のペンで触れて、操作や絵を描けたのだ。そして、タッチパネル操作形態(「ペンタッチモード」)とキーボード操作形態が1台で実現されていたのだ。

初出: 2014/ 2/ 1
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク