無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

「大国高民」 の次版として、「高民立世」(こうみんりっせ) を考えている。高民(=知的に高く または 広く、知性・知能を意識的に発揮し躍動する民)(多数)を世に立たせ、高民(多数)によって世を立たす。 (初出: 2014年 6月 1日 17:37)

「高民立世」論は、以下の3文章をもとに構築されるであろう:

 ・社会を知的にするための考え方
 ・成長の限界を見据えた累積性活用社会の構築
 ・知的ネット社会の設計

なお、一番上の、社会を知的にするための考え方は、2014年 5月31日に公開を開始した。本文章は、確定された文章ではなく、今後随時、内容を更新していく。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
仲本 秀四郎 : 科学技術図書館の現在と未来―日本原子力研究所図書館の現場から (勉誠出版, 2007) p.70.によると、日本原子力研究所の図書館において複写・貸出がされる雑誌の50%は、最近7年以内に発行された雑誌です。

最新1年間の号が全体の23%、5年前の1年間に発行された号が全体の4%ほどです。つまり 5年間で読まれる頻度は5分の1以下に落ちてしまいます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
まとめサイトは累積性を生む。

累積性: 過去に生産された人類の生産物により、将来の人類が向上する性質。


NAVER まとめ[情報をデザインする。キュレーションプラットフォーム]
まとめ.com
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク