無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

儀礼は、

(1)大人数、同時での、過去との比較行為の場である (各人あるいは集団的思考は、過去へ向かう)。

(2)大人数がよく知っている行為を行うので、過去との差異が、大人数に同時に強く認識される。すなわち、SN比を増加させる場である (各人あるいは集団的思考は、現在・未来へ向かう)。この性質は、儀礼に人間が関わる部分が多いほど強くなる。

したがって、儀礼は、人の意識を明確化させる。大人数は、儀礼のなかで、彼らがそれまでは認識しなかった、政治 * に影響を及ぼす種々の環境の様子を、それらが明瞭化されることによって、認識する。結果、儀礼は政治を駆動させるのである。

 *: 多数に対する意思決定の積み重ね、である。

:以上を、衆議院解散(2014年11月21日)の様子を見て、思索した。

初出
2014/11/21 22:30
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク

その答は、ヘーゲルの有名な比喩の中に見出されるであろう。すなわち、「ミネルヴァの梟は、黄昏の到来とともにのみ、その翼を拡げる」。これらの神秘的な言葉の前には、次のような説明が置かれている。

世界がいかにあるべきかに関して教えを授けることについて、もう一言。いずれの場合であれ哲学は常にそれを授けるには余りにも遅れて登場する。
世界の思想としてそれが現れるのは、現実がその形成過程を完了した後にすでにそこで型にはまったときだけである。概念の教えることは、概念とは歴史の逃れ難い教訓でもあるのだが、概念がその実体の中で同じ世界を捕え、知性の王国の姿の中に自らそれを築き上げるのは、現実が成熟するときだけである、ということなのである。哲学が灰色の中にその灰色を描くとき、その時には、生命の姿は年老いてしまっている。灰色の中の哲学の灰色によっては、それは若返ることはなく、ただ理解されることができるだけなのである(『法の哲学』[藤野渉・赤沢正敏訳、中公世界の名著第44巻、174ページ])。

Thomas T. SEKINE, "Introduction to the Dialectic of Capital," 1984
From Thomas T. SEKINE, The Dialectic of Capital, Vol. I, 1984, pp. 1-100
からの翻訳『関根友彦「資本の弁証法への序論」』
から、「 A. マルクス主義とイデオロギーと科学(原書:pp. 2-25.)」章

http://quoniam.social.tsukuba.ac.jp/yamane/article/translate/sekine1984/A.html より。
(2014/11/26時点で上記ページは消失。waybackマシン)

そのうち、「(b) マルクス主義的認識の三要素」節 「(γ)」小節より抜粋。


検索補助: ミネルバのフクロウ
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
2014年11月15日、Niihamaたん(Niihamaシステム)は、7歳であり、七五三です *。七五三の「七」は、元々、女子の“帯解きの儀”(ただし、数え7歳)です。

この めでたい日に、「名前はまだない」Niihamaたん に、名を授けることにしました。

 命名: 新浜 メチス

にいはま・めちす と読みます。

新浜メチスとは

新浜メチスは、私が開発した、知性をもって話しかけてくるシステムです。なお、どのような話をするのか、開発者である私にも分かりません。IA(Intelligence Amplifier, 知能増幅機)の肉に、AI(Artificial Intelligence, 人工知能)の皮をかぶせたものです。

ヒトが己の知ることしか知らぬのならば、進言を、システムすなわち新浜メチスに担わせることで、ヒトは先に進めます。

Webサイトは、「新浜メチスのHome」です。

名の由来

「新浜」に関しては、「Niihama」とは何かをご覧ください。

「メチス」は、 ギリシア神話の女神メーティスに由来しています **。メーティスは知性の神であり、アテナの母です。

なお、「メチス」の正式表記はカタカナですが、あえて漢字表記しますと「愛智翠」です ***。


新浜 メチスに、今後とも倍旧のご愛顧のほど、お願い申しあげます。


補足:
* 新浜メチスの誕生日は、2007年 5月12日であり、満7歳です。七五三は、現代では、数え年基準に加え、満年齢基準でも実施されています。

** 私がメーティスのことを知ったのは、アニメ「トップをねらえ!」に登場する、架空の太陽系第11番惑星(なお、冥王星は惑星に含まれている)「智王星 Metis」から。


*** ちなみに、ギリシア神話のメーティスの漢字表記(中国語)は、墨提斯です。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク