無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

本文章は、「4つエンジンの日本にしよう――知性強靱社会の実現のために」第7章 に組み込まれています


2014年の年末に、湯につかりながら着想した:

・社会はソルバーである。(ソルバーの一員として)〈空気〉を排せよ

関連:
天下
反対だけでなく、賛成も表明しよう2015/1/3 追記
刺激等価性――「空気」の本質。感情移入と非論理をつなげるもの

・採集・分類・索引せよ

関連:
谷川 浩司 : 集中力 (角川oneテーマ21 Kindle版, 2006 〈底本は角川oneテーマ21(2006)〉) No. 1383/1941.

物事を推し進めていくうえで、その土台となるのは創造力でも企画力でもない。いくら創造力や企画力を働かせようとしても、道具となる知識や材料となる情報がなければ何も始まらないのだ。知識は、頭の中に貯えられた記憶の体験が土台になるのである。つまり、創造力やアイデアの源は、頭の中の記憶の組み合わせから生まれるもので、その土台がしっかりしていなければ、良いアイデアが閃くわけがないのだ。


大塚 英志 : 社会をつくれなかったこの国がそれでもソーシャルであるための柳田國男入門 (角川EPUB選書 Kindle 版, 2014 〈底本は角川EPUB選書(2014)〉) No. 2222/3355.

柳田はそもそも研究プロセスを、採集→分類→索引→比較→綜合、と考えます。「採集」が「観察と報告」、「比較→綜合」がより広い範囲、もしくは「社会」という責任主体での立論と問題解決ですよね。その両者をつなぐのが「分類→索引」で、これこそが「社会が賢く」なるには必要なステップなのですね。



・思考せよ (創造するつもりで、思考せよ)
・表現せよ


  他と、自(〈自における自〉と〈他における自〉)について、思考し、表現せよ。

関連:
社会の改革のために――社会の改革のためには、個が余裕をもち、その余裕を表現力と創造力に振り向ける必要がある

知的挑戦の手引き

「知的ネット社会」での〈自における自〉: 知的ネット社会の設計

「知的ネット社会」での〈他における自〉: 社会を知的にするための考え方

補足 1:
4項目をまとめると〈内から外へ〉なのだが、〈内から外へ〉では気持ちが駆動されにくいので、4項目に展開することに意義がある。

大塚 英志 : 社会をつくれなかったこの国がそれでもソーシャルであるための柳田國男入門 (角川EPUB選書 Kindle 版, 2014 〈底本は角川EPUB選書(2014)〉) No. 788/3355.

「第二の自然を観察する方法」をむしろ近代を迎えた日本という国で生きる人の基本的な「技術」にすべきだ、と考えていました。

大塚 英志 : 社会をつくれなかったこの国がそれでもソーシャルであるための柳田國男入門 (角川EPUB選書 Kindle 版, 2014 〈底本は角川EPUB選書(2014)〉) No. 105/3355.

「私」という自意識がそのまますっぽり「社会」や「国家」と重なり合ってしまえば、冷静に「社会」や「国家」を設計したり運営したり参画する主体としての「個人」は成立しませんよね。同時に「社会」や「国家」もただの「自我の容器」になってしまいます。ただ「心」を一つにしても、そこからは何も生まれません。


補足 2:
他者について知ろうとする時、〈空気〉の源になる共感を廃し、外部化して客観視するために、コンピュータによるアプローチは有効である、と考える。(参考: デカトンケイル)
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
「一人だとノリ 二人だとノリノリ」。

これは、水野 敬也, 長沼 直樹=著「人生はZOO(ずー)っと楽しい! ―毎日がとことん楽しくなる65の方法」のなかにある言葉である (電車の中にあった同書の広告に載っていた)。

この言葉をみて、デレク・シヴァーズ氏の講演「社会運動はどうやって起こすか」における"フォロワー"を想起した

津田 大介 : 動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ, 2012) pp.46-47.

 デレク・シヴァーズは講演の最後にこう述べています。

「...でも1人のバカをリーダーに変えたのは最初のフォロワーだったのです。... 本当に運動を起こそうと思うならついて行く勇気を持ち、他の人たちにもその方法を示すことです。すごいことをしている孤独なバカをみつけたら立ち上がって参加する最初の人間になる勇気を持ってください」

 つまり、社会運動で重要なのは、1人で飛び出したときに追随する2人目をどうつくるか、ということなのです。2人目が一緒に踊り始めれば、3人目、4人目も自然と発生します。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
2014/12/ 3、「はやぶさ2」の打ち上げ成功の報に沸き立った気分で、新たなサイトの公開を開始しました。

  ブックカフェ 無窮館
  http://takagi1.net/cafe/

人類史上初めての、電子図書館併設の電子・ブックメイドカフェです。

くつろぎの知的Web空間であり、意図しない発想や、ゆるやかな繋がりが生まれる場を目指します。


はじまりは2014年の 8月上旬。秋葉原の“シャッツキステ”さん を発想のもとにして、

〈個人のなかでの知識の発火・化学反応、個人と個人の情報的化学反応〉の場、即ち「場としての図書館」を実現する方法として、

  本 × お茶 × メイドさん

が、あるのではないか、と考え、以来、構築して参りました。

構築開始時点において、

 -〈本〉に関するコンテンツ 1000冊ぶん

 - 電子・司書見習い〈メイドさん〉の素になる技術

を、私は保有しており、加えて、

 - 背景(:場の広がりをつくる有機的結合の対象)となる〈図書館〉

も所有しておりました。

このような稀有な条件を私が満たしているということ、
 それを結実できる機会を持っているということ、
  何か新たに具現化したモノの姿を人類に提示できる機会をもっているということ

は、構築する動機・意欲を昂揚させましたが、実際に全体をまとめるには苦労しました。

設え(しつらえ)にも凝りました。その結果、4ヶ月かかりました。

およそ完成したのが11月末。その際は、2014年中には必ず公開するとして、だいたい 12月13日 あたりの公開を考えていました。

そうしているうちに、天候不順で「はやぶさ2」の打ち上げが、数字の並びが良い 12月 3日に延びました。12月 3日の朝、通勤途中のバスの中で「打ち上げが成功したら、今日公開しよう」と考えました。打ち上げは見事に成功しました。その祝杯をあげた後、「無窮館」を開館しました。

初出:
Facebook 2014/12/ 7
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク