無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

神永 正博, 小飼 弾 : 未来予測を嗤え! (角川oneテーマ21 Kindle版, 2014 〈底本は角川oneテーマ21(2014)〉) 位置No. 1720/1862. 神永 正博 氏 による:

でも、ほとんどの人は現状がどうなっているのかきちんとデータを採らずに、「昔はよかった」という感情論で語るだけなのです。多額の費用がかかる判断を、そんな風に決めてしまうのは、もう信じられないくらい反知性的ですよ。高等教育を受けてきた人達がこんな体たらくなのを見ると、絶望的な気分になります。


神永 正博, 小飼 弾 : 未来予測を嗤え! (角川oneテーマ21 Kindle版, 2014 〈底本は角川oneテーマ21(2014)〉) 位置No. 903/1862. 小飼 弾 氏 による:

 あの国[:アメリカ合衆国] のエリート層は、情報をとても大切にします。研究では実験ノートのとり方をきちんと学生に指導しますし、仕事でも報告書の書き方をきちんと教えます。さらに記録した情報をどう保管するかについてもノウハウがあります。

 だけど、日本は情報を大切に扱っていないじゃないですか。公文書が出てこなかったり、そもそも記録されていなかったり、実験ノートをつけていなかったり。それは、頭脳を大事にしていないのと同じこと。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
2015年 2月 7日、「エクステリア・システム」の公開を開始しました。

 エクステリア・システム
 http://homepage2.nifty.com/mukyu/ext/index.html

私が書いた記事 12,600件 (2015/2/7現在)を解析し、話題クラスターをすべて抽出し、代表記事を表示します。

人は、自然には、自分が持つ知を一望することが、できません。人の知の大半は、刺激に対して、その場その場で呼び起こされます。

「エクステリア・システム」は、私が持つ知の、一望を可能にするものです。

なお、名称の由来は、とある魔術の禁書目録 Index - 外装代脳(エクステリア)です。

既存の「ツリーダイアグラム・システム」は、私が書いた記事を解析し、代表的な記事を選び出して表示するものです。

「ツリーダイアグラム・システム」と「エクステリア・システム」の相違点を挙げます:

・「ツリーダイアグラム・システム」は、快速電車に例えられます。大きな話題では多くの記事を表示します。

 対して、「エクステリア・システム」は、特急列車に例えられます。話題あたり、代表する 1つの記事しか表示しません。

・「ツリーダイアグラム・システム」は、私のスペシャリスト性を表現します。

 対して、「エクステリア・システム」は、私のジェネラリスト性を表現します。

・共通して、「ツリーダイアグラム・システム」と「エクステリア・システム」は、本来はネットワーク状のものを、線形に表現します。

「ツリーダイアグラム・システム」は、上位の表示を主な機能としていますが、「エクステリア・システム」は、中・下位の表示を主な機能としています。

「パレートの法則」(「80:20の法則」)に知られるように、全体の上位 2割が、全体の 8割を所有し、逆に、全体の中・下位 8割が、全体の 2割を所有するといわれます。つまり、上位は平均して 1つあたり 4 を所有し、中・下位は平均して 1つあたり 1/4 を所有します。

したがって、中・下位を線形に表現するためには、上位を線形に表現するためよりも、精度が高い評価が必要です。「ツリーダイアグラム・システム」と「エクステリア・システム」は、共通の線形化の仕組みを使っていますが、「エクステリア・システム」の開発にあたり、評価の精度を高めました。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク