無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

児玉 哲彦 氏=著の「人工知能は私たちを滅ぼすのか」を読了しました(2016/ 3/27)。

人工知能が人類の能力を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)について、思索したこと:

人間の能力を超えた存在との共存は、これまでも大きな課題であった。

国家と国民の関係がそうであるし、企業と市民の関係がそうであった。

SFアニメの世界で言えば、「機動戦士ガンダム」がそうである。

ファースト「ガンダム」に連なる世界(宇宙世紀作品)では、宇宙で生まれ育った“スペースノイド”のなかに“ニュータイプ”が生まれた。そして、“スペースノイド”と地球に住まう“オールドタイプ”が対立している。

「ガンダムSEED」シリーズ(コズミック・イラ作品)では、遺伝子操作をうけて人間の能力を超えた人間“コーディネーター”とそうでない人間“ナチュラル”が対立している。

“スペースノイド”/“コーディネーター”は、“オールドタイプ”/“ナチュラル”に抑圧されており、戦争が起こる。前者のほうが、能力は高いが、個体数が少ないため、前者は戦争前には抑圧され、戦争になっても勝敗は簡単には決しない。

国家と国民の関係や、企業と市民の関係もそうである。前者のほうが、能力が高いが、構成する個体数が少ない。

故に、基本的には、安定である。

「ガンダム」作品では、前者陣営が“モビルスーツ”を先行して戦力化することにより、安定が崩されていた。また、国家と国民の関係や、企業と市民の関係には、長年 注意が払われ、社会システムが構築されてきた。

私の“超民連絡”の思想* は、安定系を前提に生まれた。

社会が天才・秀才ばかりである必要はないが、天才・秀才が生き・活きる社会であるべきである。

そのために、天才・秀才の思考(の一端)が共有されるべきである。それは、天才・秀才と一般能力者との架け橋になり(天才・秀才を得体の知れない者にしない)、且つ社会に天才・秀才を補給する後方連絡線となる。これによって、天才・秀才は孤立せず、消耗されない。
   ――天才・秀才が生き・活きる社会


しかし、人工知能によるシンギュラリティは、人工知能が工業生産の恩恵を受け、人工知能の個体数は無限大になり得るため、不安定系である。

不安定系においては、安定系と同様に、いや、安定系に増して、(一般の人|人間)は技術を持たねばならない

目的は、
 ・人工知能と人類の闘争を、人類が生き抜き、
 ・また人工知能に人類との共存のメリットを認識させ、ヘーゲルの弁証法における「合」の世界を実現するために
である。

「ガンダム00」シリーズでは、劇場版にて地球外生命体“ELS(エルス)”と人類の戦争が繰り広げられたが、ガンダム陣営の武力介入によって歪さが解消され、技術を飛躍的に進歩させた人類とガンダム陣営は共同して、“ELS”中核に達し、高い技術によるコミュニケーションを実施し、最終的に人類と“ELS”は共存するに至った。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
コンテンツは独占できない。

しかし、技術は独占できる。

だから、独占されないよう、一般の人が技術を持たねばならない。

ディドロ, ダランベール=編, 桑原 武夫=訳編 : 百科全書―序論および代表項目 (1971, 岩波文庫) p.398.

多田 道太郎による解説「『百科全書』について」より。

 なぜ百科全書派は技術を重視したのか。理由はかんたんである。それがブルジョアジーの利益になるからである。総じていえば「所有が市民をつくる」というブルジョア的立場が『百科全書』のほとんどを貫いており、したがってブルジョアの武器、道具としての技術が、新しく重視されることになったのである。

大阪府立図書館~フランス百科全書 図版集


一般の人が技術を持つことは、専門職を圧迫しない。専門職は「超民」として、技術を持った「高民」によって後方連絡をされ、孤立しない。

【超民連絡】天才・秀才が生き・活きる社会
大国高民と高民立世・超民連絡
超民連絡の見いだし
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
大阪大学COI [:人間力活性化によるスーパー日本人の育成] が目指す10年後の社会|概要|大阪大学COI拠点

上記の成果は、まず閉じた領域に適用されるだろう。

成果を、〈開いた領域〉に波及させたい。〈開いた領域〉への波及は、知的ネット社会に寄与する。

そのためには、閉じた領域における普及がされるべきだ。

閉じた領域における充実が、人を開かせ、成果が〈開いた領域〉に開く。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
柳内 たくみ : ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝3. 黄昏の竜騎士伝説編〈上〉(アルファライト文庫, 2015) p.291.

 想像には想像の根となる体験が必要です。何かを伝えようとしても、送り出す側と受け取る側に、それをイメージする体験の根がないと何も共有できない。体験もないとことろに無理矢理何かを作り上げようとしても、ちぐはぐなものに陥る。

 だから送り手は、受け手に完成度の高い何かを想像して欲しいと願うなら、積極的にイメージの深度を追い求め、自ら体験するように促していくしかないんだと。


関連:
「純粋理性批判」で考える教育の価値

アプリオリなもの 且つ 体験行為
           ↓
           経験
           ↓
           認識


18歳まで規制という問題

18歳まで本物を利用できないというのは致命的である。
...
大学の学部選択は、18歳未満の視点でなされる。そして、大学で育成されるのは、その道のエリートである。どのエリートになろうか人生の分岐点で思案している人間に、本物の利用体験をさせないのか。


アプローチとしての汎用品の商品開発

一般な者は商品の高度な機能を使いこなせないが、商品から新たな環境を取得する。それは、商品の新たな使用環境、新たな使用感、新たに提供される体験である。これらが、商品を使用する一般な者を変化させる。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
Webサイトは、ブログやSNSに比べて、思想を伝えるのに適していると考えます。

ブログやSNSで蓄えた「量」が、「質」に転換する際の、結晶のひとつになり得ます。

 関連:
 産経新聞への寄稿: 「量が質に転化する瞬間」 - My Life Between Silicon Valley and Japan


2016年 1月24日、1月30日に、相次いで2つのシステムを公開しました。いずれも私のWebサイト(群)「takagi1.net」をご利用しやすくするためのシステムです:

(1) TAKAGI-1 Webサイト 主な更新 (2016年 1月24日公開)

(2) TAKAGI-1 タグリスト (2016年 1月30日公開)

システム開発のきっかけは、2015年年末に下記のツイートを見たこと。

Webサイトにおけるストックとフローの変換を意識したのです。

そして、ツイートとは逆説的に、ストックメディアであるWebサイトを、受け手のブラウジング行動によらずに、フローメディアにするにはどうしたらよいか、を考え始めたのです。

その結果、

(1) 各Webサイトの更新情報をまとめ、しかも更新の新しい順に表示するシステム

及び

(2) 日替わりでタグを紹介し、そのタグに関連するコンテンツに導くシステム

を、思いつきました。


補足1: (1)のコードネームは「TAGAIRI (タギリ)」、(2)のコードネームは「SAYORI (サヨリ)」です。名称の由来は、宗像三女神です。

2016年 1月9日・10日にプログラミングをし、機能を獲得しました。その後、デザインの作り込みと、データの装填、既存システム・コンテンツとのつなぎ込みを実施しました。

補足2: (1)の開発においては、Webサイト(群)を横断する新システムであることから、ロンドンを横断し、東西に延びる新鉄道路線(最高速度: 160 km/h) クロスレール を意識しました。対して、(2)は、チューブ(地下鉄)にあたります。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
2016/ 2/21 の日経新聞の「春秋」(朝日新聞の「天声人語」にあたる)を、どう読んでいいのか迷う。単なる問題提起なのだろうか。

最後の段落、

自らに正直な行動をするか、本心を抑え、周りの期待に応えるかという選択は時にアイデンティティーをかけた飛躍を伴う。心の専門家は「プラス面ばかり見てマイナス面を見ないと、空疎な理想主義に陥りやすい」と戒める。つらつら世を見ると、個人だけでなく、組織や国にも例が見える。胸に留めるべき教えだろう。

戒めの対象である理想主義は、「自らに正直な行動をする」極端を指しているのだろうか、それとも「本心を抑え、周りの期待に応える」極端を指しているのだろうか。

私は、さらっと読んで、前者に捉えた。しかし、私の捉え方は、私が個人主義に基づく理想によく触れ、平等主義的な社会主義に基づく理想に触れてこなかった影響によるものでないか。

ここまで考えて最大公約数的な読解をすれば、この文章は、両方の極端の理想主義を戒めている。しかし、それだけを言いたかったのだろうか?

なお、本文章において、戒めの対象である理想主義が「自らに正直な行動をする」極端を指しているならば、当該コラムに記された中学校の英語の時間のエピソード(下記に引用 *)は、(ネガティヴな)反知性主義の肯定を示唆するので、私はこの文章に抗議する (反知性主義の打破)。

* 春秋. 日本経済新聞, 2016/ 2/21.

キザで言えば、英語教育に詳しい鳥飼玖美子さんも新著でこんな話を紹介している。中学の英語の授業で、ある生徒がfishを完璧に発音したところ、仲間から「どうしたんだ、キザな発音して」とからかわれた。生徒はすぐ「フィッシュ」と日本語風に切り替えた。日本人中学生としての仲間意識を優先させたのである。


初出:
Facebook 2016/ 2/21
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク