FC2ブログ

無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |

未来を見据えるため、しっかりと過去のデータを利用する。

人は歴史からこそ、賢く未来を学ぶべきなんだから。

(動画 6:38から)



テーマと演出が、よく合っている。

テーマは、庵野秀明氏の以下の思想:

庵野監督は「これだけ情報があふれている時代に、オリジナルなんてどこにあるのか。様々なものからイメージをとりこんで、それをどこまで広げて再構築するか、なんですよ」

 (朝日新聞 1997/ 7/24 夕刊 より)

演出は、「DAICON4 オープニングアニメ」(※リンク先、音が出ます)(1983年)と「STAR WARS エピソード5」のパロディー (最後のシーンは「新世紀エヴァンゲリオン」のパロディー)。

直接的には旧メディア規格の扱いに関する映像作品であるが、その考え方は、著作権保護期間延長問題にも通じる。「図書館の自由」に関する有川 浩『図書館戦争』と、タッグを組める。

初出:
Facebook 2016/12/23
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。