FC2ブログ

無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

2019年 2月23日、takagi1.net 内の記事・コンテンツ同士(2019/ 3/2 現在の対象数 13,901個、組合せ9660万とおり)の関連性を示す「つながりハイライト」システムに、鉄道風Twitterシェア機能を追加しました。

Tweet例:


私は、かねがね、ネット内で鉄道的なものを運営したいと思っていたのですが、表現が鉄道風なだけではない、下記のように 鉄道と複数の共通性質をもつ、鉄道的なシステムになったと考えております。

鉄道と、Twitterシェア機能をもつ「つながりハイライト」システムの共通点


(1) 公共空間における恒久性

鉄道施設・車両やシステム・データが消えることはありません。

個人運営のWeb空間も公共的な空間ですが、Twitterという不特定な大人数が使うサービスは、より公共的な空間だと考えられます。

(2) フロー性・揮発性

鉄道列車と同様にTweetは、沿線民の視界に映っては消えます。終着駅に着くと記号としての列車は消え、時間が経つにつれTweetはタイムラインに表示されなくなります。

これが、同様の姿(同一フォーム)での繰り返しの表出を可能にします。フロー性・揮発性が、逆に、より観念的な部分での恒久性を保証します。

(3) 縮図性

鉄道列車と、複数のリンクからなる「つながりハイライト」の表示は、共に縮図です。そして、縮図によって、全体を抵抗なく認識し実用できるのです。

鉄道について例をあげると、新幹線列車「のぞみ」号(東京・博多間)の車体 400 m は、東京・博多間 1000km余り の縮図であり、道中の不安を感じさせず、移動の実用を実現しています。

また、複数のリンクを表示したものが縮図であることは、本の目次を思い浮かべれば分かると思います。そして、目次が本を読みやすくするように、縮図によって、全体を抵抗なく認識し実用できるのです。

初出:
Facebook 2019/ 2/25
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク