無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

アイザック・アシモフ : われはロボット〔決定版〕 (ハヤカワ文庫, 2004) p.13.

序章より。

>人類が、頼る友もなく、広大な宇宙にひとり立ち向かわねばならない時代があった。でもいまは、助けてくれるものがいる。...人類はもう孤独ではありません。

アイザック・アシモフ : われはロボット〔決定版〕 (ハヤカワ文庫, 2004) pp.395,396.

「災厄のとき」(原題: The Evitable Conflict)より。

>マシンはしょせん機械です、計算とか判定という重荷を人間の肩からとりさることによって人間の進歩を早める役には立ちますよ。しかし、人間の脳の仕事は相変わらず残っている。つまり、分析すべき新しいデータを発見すること、検査する新しい概念を考え出すことだ。


スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
知能機械との協働こそ人類の種としての孤独への答え
http://nhm.blog75.fc2.com/blog-entry-106.html

アイザック・アシモフ「われはロボット」
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-1281.html

2007.06.23 09:43 URL | tk18 (管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/109-516dc320

新しいトラックバックほど上に表示されます。