無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

電子図書館には 3種類がある。

  • 1. ネットで書籍に乗っている文章が読めるもの。
  • 1 の亜種. ネットで大量の文章が読めるもの。

  • 2. 図書館の Webサイト(のコンテンツ)。

  • 3. 電子納本を受け、その利用価値を高める主体。

    1 の例は、「青空文庫」である。学術利用は主な目的ではない。

    2 は、大学図書館の Webサイトによく見られる。貴重書閲覧など。

    なお、大学図書館の Webサイトから電子ジャーナルの閲覧ができるが、電子ジャーナルの管理をしているのは他の団体であり、図書館はアクセスを可能にしているだけにすぎない (図書館はありがたいことにお金を払ってくれている)。

    3 が、長尾 真 : 電子図書館 (岩波書店, 1994) の主題である。
    スポンサーサイト
  •  このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
      
     
     
    ■  ■  ■

     
    本文へは上スクロールしてください

    関連:
    電子図書館を分ける
    http://mkynet.hp.infoseek.co.jp/webcic/lib/inw2/za_0409093.html#5

    長尾 真「電子図書館」 
    http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-1393.html

    2007.07.29 18:37 URL | tk18 (管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/124-9376ce94

    新しいトラックバックほど上に表示されます。