無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

紙名:
日本経済新聞

日付:
2007/ 8/29

朝刊/夕刊:
夕刊

面:
24

東京大学総長 小宮山 宏氏へのインタビュー記事。

  • 検索エンジン(特に、Google)の落とし穴の一つは、画一化。
    >みんな同じレストランに入ってしまう。

  • >[細分化・複雑化することによって把握しにくくなった] 知識の全体像を俯瞰するには「知の構造化」が必要だ。多様な知が関連づけられ、構造化されて、初めて新しい知が生まれる。

  • >大学はシンクタンク付きのフォーラム(古代ローマにあった広場)。... キーワードは「対話」と「気付き」と「多様性」。

    管理用情報 : クリアブック N01-10B
    スポンサーサイト
  •  このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
      
     
     
    ■  ■  ■

     
    本文へは上スクロールしてください

    関連:
    流動性極まるところ、多様性なし
    http://www.h5.dion.ne.jp/~wing-x/ezhtml/inw3/za_0702190.html#5

    情報の並列化の果てに個を取り戻す
    http://nhm.blog75.fc2.com/blog-entry-34.html

    2007.09.01 09:52 URL | tk18 (管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/150-5c267333

    新しいトラックバックほど上に表示されます。