無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

ある人が著作物を発表する。その人は少しして死ぬ。

15歳の人がその著作を読んで、電子化をする。こんな作業をできるのは、金はないが時間はある、人生の中のある一時期しかない。

50年後、彼は、65歳になっている。

でも、65歳ならば、彼はそれを公開できる。彼は一生の前半の一時期と、後半の一時期を賭して、情報の全面的な再利用可能化作業をやり遂げるのだ。

著作権保護期間 70年では、それができない。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/155-a200c0a0

新しいトラックバックほど上に表示されます。