無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

整理された情報に人が接するあるゆる対象はインターフェイスである。



インターフェイスは、操作盤(コンソール)だけじゃない。文章もインターフェイスである。一般化して表現できる語はないかな、と探していて思いついたのが「整理された情報に人が接する対象」であった。

「文章もインターフェイスである」ということを考えたのは、以下の文章を読んだときである。

中田 亨 : ヒューマンエラーを防ぐ知恵 (化学同人 DOJIN選書, 2007) p.188.

> シュナイダーマンという学者は、一九八七年に「ヒューマンインターフェイス設計の黄金律」を提唱しました。それによると、表示方法や操作方法には一貫性がなくてはならないとあります。

私が、大学4回生だったとき、所属研究室において文章の書き方をいろいろと教ったのだが、その一つが、

  表現を一貫させること

だった。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
中田 亨「ヒューマンエラーを防ぐ知恵」
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-1652.html

2008.02.18 21:53 URL | tk18(管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/193-2ee4769d

新しいトラックバックほど上に表示されます。