無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

以下、私見である。

「ファイル1.0」は、ディレクトリ(フォルダ)構造によるファイル管理であった。容れ物と所属による秩序付けであった。(例:図書分類、生物の分類など、"分類"と呼ばれるもの)

「ファイル2.0」は、リンクによる秩序付けである。ファイルそのものは並列に置かれる。(例:辞書)

「ファイル1.0」は、古典的な秩序付けであり、Windows はこれによっている。

インターネットの使用が普及し、リンクという手法が一般的になると、「ファイル1.0」が WWW において不向きであることが分ってきた。そこで、WWW のみで使用されるシステム(たとえば、Wiki)では「ファイル2.0」が採られている。

追記: BTRONの実身・仮身システムも「ファイル2.0」である。(坂村 健「TRONで変わるコンピュータ」 p.77~)
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/210-144a3298

新しいトラックバックほど上に表示されます。