無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

「第3ネット構想」というものを今、考えている。

「第3ネット」とは、ピラミッド型に構造化された知を表現するインターネット上の資源を意味する。

対して、「第1ネット」は、ネットワーク型の知を表現するインターネット上の資源を意味する。

「第2ネット」は、インターネット上のツール、計算スクリプトを意味する。

これまでは、ネットワーク型の知に対する趣向だけであったが、今後はピラミッド型に構造化された知にも力を入れていこうと思う。

「第3ネット」の実現の形態には以下がある。

1. 思想のみ(心づもりのみ)。

2. 実行を伴う。

 2.1 既存のサイトの内容を、ピラミッド型に構造化する。
  2.1.1 ネットワーク型の知は、既存のサイトから除く。
  2.1.2 ピラミッド型・ネットワーク型の知をともに既存のサイトに共存させる。ピラミッド型の知にはマーキングを施す。

 2.2 ピラミッド型に構造化された知を扱う新サイトを立ち上げる。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/221-abd5af39

新しいトラックバックほど上に表示されます。