無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |
常川 真央, 小野 永貴, 安西 慧, 矢ヶ部 光 : 利用者のつながりを創り出すコミュニティ指向型図書館システム, 情報処理学会研究報告 DD, 65 (2008) https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/handle/2241/98548 *1(注釈はコメント欄に表記) を読んで感じたこと・考えたことが、3点ある。

1. 「社会に意義のある知識創出を目指すためには、コミュニティの形成は欠かせない課題である」に引き込まれた。
2. 図書館には 図書分類・相互テクスト性・コミュニティの3構造が存在する、と考える。
3. 図書館は 公共・コミュニティ・個人の3要素が集う場所である、と考える。


1. 「社会に意義のある知識創出を目指すためには、コミュニティの形成は欠かせない課題である」に引き込まれた


この論文の冒頭は、以下である。この冒頭で、一気にこの論文に引き込まれた。

> 社会に意義のある知識創出を目指すためには、コミュニティの形成は欠かせない課題である。学問・政治・企業など社会における様々な局面において、互いに学び合う環境があり、コミュニティを形成した上での知識創出が見られる。

コミュニティ形成が不得手な私としては、身につまされる思いがする。

2. 図書館には 図書分類・相互テクスト性・コミュニティの3構造が存在する、と考える


図書館には、図書分類・相互テクスト性・コミュニティの3構造が存在する。

● 図書分類

実施者: 図書館運営者(公共)が唯一つ形成する。

端的に表われるもの: 書架・分類ラベル

構造: ピラミッド型

● 相互テクスト性 (相互テクスト性とは、本同士の関連性の網のことである *2)

実施者: 個人あるいは集団が個々に形成する。

端的に表われるもの: Shizukuシステムにおける「仮想本棚」(一般化して、個人あるいは集団が個々に形成する書架と表現できる)

構造: ネットワーク型

● コミュニティ

実施者: 本が個人を求心して形成する。

端的に表われるもの: 図書カード(図書貸出票)

構造: ネットワーク型

3. 図書館は 公共・コミュニティ・個人の3要素が集う場所である、と考える


2.を別の側面から見ると、図書館は、公共・コミュニティ・個人の3要素が集う場所であると言える。図書館は、3要素の架け橋としての機能を持つ *3。

● 公共

知識を分類し、組織化する。*4

● コミュニティ

「社会に意義のある知識創出」を行う。

● 個人

個々の思考を担う。*5
リンク:
2008-04-18(Fri): 「利用者のつながりを創り出すコミュニティ指向型図書館システム」を読んで - ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 該論文を知るきっかけ。

Shizukuの論文が、つくばリポジトリ上で公開されました - Shizuku 開発ブログ

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

注釈:

*1 管理コード: [A-08-01]

*2 相互テクスト性
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-1914.html

*3 名著による補強: ただし「コミュニティ」の意味が異なる。
ウィリアム F. バーゾール=著, 根本 彰, 二村 健, 山本 順一, 平井 歩実=訳 :
電子図書館の神話 (勁草書房, 1996) p.193.
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-1498.html

> ここに公共図書館の制度的役割が示されている。それはコミュニティと個人主義、家族と地域コミュニティ、そしてより広い世界、共同体主義と自由主義との架け橋として機能する「焦点構造」[:focal structure]である。

*4 名著による補強:
ウィリアム F. バーゾール=著, 根本 彰, 二村 健, 山本 順一, 平井 歩実=訳 :
電子図書館の神話 (勁草書房, 1996) pp.7-8.
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-1498.html

>その曖昧さにもかかわらず、公共図書館は基本的には知識に重点をおいており、そのなかでも主たる目的は、知識を一貫した分類システムに組織化することである。

*5 アイデアは個人からしか生まれない
http://mkynet.hp.infoseek.co.jp/webcic/lib/inw2/inw_0408152.html#3

2008.05.11 12:26 URL | tk18(管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]

はじめまして、論文著者の常川真央です。

私の論文に言及していただきありがとうございます!
コミュニティ形成については私自身も結構苦手です^^);;; また、一般的にも難しい行為だと思っています。たとえ苦手であっても気楽にコミュニティ形成に取り組むことはできないか、と自分は論文を書きながら考えていました。

図書館の3構造は非常に興味深く感じました。今後の研究の参考にさせて頂きますm(_ _)m

2008.05.11 13:21 URL | 常川真央 #wTz7EHCY [ 編集 ]

>>常川さん

エントリーへのコメントありがとうございます。
Shizukuの開発、がんばってください。

2008.05.12 07:58 URL | tk18(管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/222-b67bebed

新しいトラックバックほど上に表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。