無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

まとめ


ネットはフロー情報メディア化した。その結果、ストック情報メディアである書籍をあずかる図書館との連携が価値をもつようになった。

事例


「毎日新聞変態記事問題」の追求および関連する行動は、ネットを主なメディアとして行われている。

この問題に対する毎日新聞の検証記事が、図書館を使って調べ上げられて、そのウソが判明した。

  【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ 毎日新聞!社内調査の末の検証記事も全てウソだった事が発覚
  
  図書館と一般人が新聞社の脅威になった日 - 図書館情報学を学ぶ
  
関連:
毎日新聞問題、つづき

事例の特徴


本事例は「ネットが主体となり、図書館を情報源とした、企業の監視」である。

これは、これまではなかった形態である。

関連:
情報による強い物の監視――「毎日新聞変態記事問題」毎日新聞の検証記事ウソ発覚以前

説明


まとめ第1文: ネットはフロー情報メディア化した。

(1) フロー情報メディアとは何か


「フロー情報メディア」の対語は「ストック情報メディア」である。

それぞれの意味を以下に示す。

 ・フロー情報メディア  : 情報を普及することが目的のメディア(媒体)。量が重視される。
 ・ストック情報メディア : 情報を蓄積することが目的のメディア。質が重視される。

ネットを除くメディアを、この観点で整理すると、次の順序になる。

  [フロー度合いが高い。ストック度合いが低い。] 
  新聞
  中綴じの雑誌 (背表紙がない)
  角背の雑誌 (背表紙がある)
  書籍
  [ストック度合いが高い。フロー度合いが低い。]

関連:
ストック情報メディアとフロー情報メディア

(2) ネットはフロー情報メディア化した


ブログの拡がりは、ネットをフロー情報メディア化している。

まとめ第2文: その結果、ストック情報メディアである書籍をあずかる図書館との連携が価値をもつようになった。

(3) 性質が異なるものの組み合わせにより価値を創出する


工業製品において、a+b という機能をもつ製品A と b+c という機能をもつ製品B を組み合わせて 機能 a+b+c をもつ製品をつくって成功することがある。

しかし、既存のもの同士を組み合わせるとき、重複している部分(前記における b )があると、組み合わせに複雑さが伴う。そして、複雑さは悪である。

性質が異なるものの組み合わせでは、重複による複雑さは生じにくい。

そして、組み合わせに成功することにより、双方を使いこなすことができ、付加価値が生まれる。

関連:
組み合わせることによって、自分のものになる

(4) ネットはその万能性ゆえに、他のメディアとの連携がとりにくく無力であると認識された時期があった


以下に示す ひろゆき氏の文章からの発想である。

  インターネットにようこそ。 : ひろゆき@オープンSNS

>数年前ぐらいに「2ちゃんねるは終わった」という議論が活発になったことがあります。
その当時は、ネット上で多数の人が自由に議論する場所というのが出来たことで、社会にいろいろな影響を与えると期待されていたのですね。

んでも、結局、ネット上の出来事は、ネット上の出来事でしかないので、社会には何の影響も与えなかったわけです。

んで、ネットって無力だよねぇ、、ということで、「2ちゃんねるは終わったよねぇ」なんて言われていたわけです。

当時は、ネットは、すべての既存メディアを代替するものであると期待されていた。期待が前提にあるから、無力さが「終わったよねぇ」につながったのである。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/253-a9ac54ee

新しいトラックバックほど上に表示されます。