無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |
Abstract: I will increase product of added value of interectual "supply-net".

知のサプライネットの付加価値生産量を高めることを目標としよう。

「知のサプライネット」は、製品におけるサプライチェーンに相当する。

流通が一方通行のチェーン状ではなく、ネット状である。

そのノードは、個人・私集団・公集団であり、ノード間に階層構造はない。

知のサプライネットは、社会×時間の空間に存在する。ただし、活動可能なのは現在に限る。

知のサプライネットの肝腎は以下の4点である。4点すべて或いはいずれかを、付加価値生産量を向上させる方向に変容させよう。

知的生産


情報から知を、知から知を生産する。元からある情報・知の価値を減少させながら、新たに付加価値をもつ知を生産する。

知的供給


自分が生産した知を、自分あるいは他者(現在・未来)が役立てられるように処置をする。

知的最終消費


知を行動に変換する。

知的統制・知的推進


知のサプライネットを、その安寧秩序のために統制する。また、知のサプライネットを発展させる。(例えば、著作権・知的公共投資)
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/284-2601199e

新しいトラックバックほど上に表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。