無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |
Abstract: a multi-dimensional array in Perl.

Perlで2次元配列などの複数次元配列を使う方法:

2次元配列( Array(i,j) | i=(0,…,i_max), j=(0,…,j_max) )を例にして説明します。

● 宣言:

@Array = ([],[]);

● 複数次元配列の中間配列 ( Array(i,*) ):

@{$Array[$i]}

中間配列の要素の最終インデックス(j_max)が欲しければ、

$#{$Array[$i]}

なお、$#Array とすれば、i_max が得られる。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/291-d635f6e5

新しいトラックバックほど上に表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。