無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

2006/11/12

本質は単純なところにある。

微小な差異より共通点に注目すべき。

脳(あるいは脳の仕組みを模したもの)と、機能的に脳を模そうとする人工知能・3相からなるニューラルネットワークは別物である。

知能は、行動によらない。→つまり外面的入出力関係によらない。

2006/11/18

知能とは記憶を用いた予測であり、予測は感覚次元の情報である。予測と反する感覚には、関心が向けられる。予測と結果が合致することが、即ち理解である。

→知能の出力を言語に求めるのは、本質ではないということか。言語はあくまで記憶の伝達手段に過ぎないと。それでも、言語の取捨選択の過程には予測がこめられている。話相手が知りたい情報、つまり話相手の頭のなかを予測している。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
ジェフ・ホーキンス, サンドラ・ブレイクスリー「考える脳 考えるコンピューター」
http://nhm.blog75.fc2.com/blog-entry-20.html

2006.11.13 06:45 URL | tk18 (管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/30-606e1126

新しいトラックバックほど上に表示されます。