無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |
梅田 望夫「シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代」を読んでいて考えたことをズラズラと書く:

将棋の戦いと、テレビ番組「料理の鉄人」って似ているんじゃないか。

そういえば、1990年代前半から半ばには、トップクラスの頭をつかった戦いを、テレビでやっていたなぁ。難しい問題によるクイズ王決定戦もそうだろう。

大衆商業的に、「体力のある人」はウケるけれども、「頭のいい人」はウケないということなのか (日常世界でもそうだけど)。

その理由は、スポーツは下手でも比較的楽しいが、勉強は下手だと楽しくない、ということなのか。そうなると以下のエントリーの議論なのかな。

R行軍記 : やって見せ、言って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば人は動かじ

>「知的な議論」に人が集まらないのは、楽しくない(というか、楽しさを知らない)からでしょう。
だったら、「知的な議論」を楽しいものにすればいい。
「才能の無駄遣い」な議論がバンバン行われるようにすればいい。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/317-80dea615

新しいトラックバックほど上に表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。