無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

上阪 徹 : 600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス (角川SSC新書, 2009) pp.28-29.

>[クックパッド社の]社長の佐野はこう語ったのである。
「... 大事なことは、おいしく作れることです。自分が嫌なら使わなければいいし、いいと思えば使えばいい。どういうわけだが、みんな必ずいいか悪いか、という結論を出したがるんですね。そして、どちらかの意見が出ると、反論したくなる。でも、そんなことは、おいしい料理とは全然関係がないと思いませんか。大事なことは、多様な価値観がちゃんと共存できること。それぞれの人が、それぞれおいしい、と思えることです」


考えたこと


議論をするには、覚悟がいる。軽はずみに議論するべきではない。

他者を気づかう必要があることを忘れてはならないし、そのための労力が要ることを忘れてはならない。

無駄な論争を避ける活動も有益である。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/319-9c924215

新しいトラックバックほど上に表示されます。