無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

(1) 存在性

存在しなければならない。

(2) 可到達性

利用できなければならない。

(3) 配置適当性――適材適所

適切な場所になければならない。

(1), (2), (3) は順番である。

そして、(1) と(2)・(3) は、ライリーの小売り引力の法則につながる。

「ライリーの小売り引力の法則」の一般化:
集積によって発生する効果は、集積量に比例し、アクセスの容易さの二乗に比例する。

(1) は 集積量、(2)・(3)は アクセスの容易さに関係する。

発想の元:
Blog 一番星 J. D. サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」におけるコメント。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
効果はアクセスの容易さの二乗に比例する
http://nhm.blog75.fc2.com/blog-entry-300.html

2009.08.14 15:56 URL | TAKAGI-1(管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/331-adcf702b

新しいトラックバックほど上に表示されます。