無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

社会は、社会自身をよりよい方向に変化させる。

どの方向がよりよいのか、どうすればその方向に進めるのか。社会はこれらの解答を得る仕組みを内に持っている。

この仕組みが適切な解答を導きださない場合に、人々は不安になる。広く語られる(:新聞紙上を騒がす)「改革」は、この仕組みの改良を目的にしている。

補足:
● 適切な解答がもつ性質のひとつは、正しい総動員である。

● この仕組みは、個人ではなく社会を舞台にする。よって、個人が亡くなっても存在し続けることができる(不揮発性である)。

● この仕組みの例として、憲法そしてそれを中心に構築され運用されている民主主義型の統治システムがあげられる。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/338-0c23a59b

新しいトラックバックほど上に表示されます。