無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

「ゲキ・ガンガー」を書け――国民文学による優れた考え方の共有

>出版物としての質をもっていれば、それは時々に再版され、「自己増殖」さえする。

優れた作品は、以下を奮い立たせ、行動させる。
  • 作品を「見つかるようにする」「読めるようにする」、優れた解説者・出版者・司書 (および図書館システム) 。
  • 作品を読んで自分なりに解釈し、新たな視点を付け足し、不要ものを除いて、新たな作品を創る次世代の表現者。

発想の元:
Blog 一番星 J. D. サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」におけるコメント。

鎌池 和馬 : とある魔術の禁書目録 7 (電撃文庫, 2008) p.165.

>「はい。魔道書とは、つまり設計図でございます。雷を扱う魔道書とは、同時に雷を出す発生装置になってしまうという事でございますよ。原典クラスともなれば人の魔力などなくとも、地脈や竜脈などからわずかに漂う力を増幅して、半永久的に活動を続ける自己防衛魔法陣を形成してしまうのでございます」

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/371-b72ff35e

新しいトラックバックほど上に表示されます。