無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

反証可能性がないなどの「納得できない」議論の締め方:

野崎 昭弘 : 詭弁論理学 (中公新書, 2007) p.116.

>あなたの考え方には、ついていけません
反論はこれで十分である。


岩田 宗之 : 議論のルールブック (新潮新書, 2007) pp.44-45.

>ある説の真偽を言うには、「正しい」「間違っている」の他にもう一つ、「正しいとも間違っているとも言えない」という段階があることを意識してください。

インチキ理論の問題は、正しいとも間違っているとも言えないことを正しいと言い切ってしまうところにあります。だから、それを提唱する本人に対して何かを言うなら、「間違っている」ではなく「まだ足りないところがある」と言うべきです。後者の主張なら、彼らは喜んで受け入れてさらに研究を続けようとするでしょう。研究したい人は勝手にさせておけばおけばいいではありませんか。


※太字はブログ投稿者による。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/411-b0c7d1db

新しいトラックバックほど上に表示されます。