無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

日本の偉い人(肩書きがある人, 社会的地位がある人, エグゼクティブ)は、ネットで発言しない *。

ネットで発言してもらうためには、3つの思想からなるフレームワークを発言者と聞き手に広める必要がある。

それは、

 ● 間違えても良い
 ● 翻しても良い
 ● (その代わりに)過去に書いたことをアーカイブの形でできるだけオープンにしておく

である。

発想の元:

梅田 望夫 : シリコンバレー精神 ――グーグルを生むビジネス風土 (ちくま文庫, 2006) p.301.

> いま私たちは、ネットの進化のおかげで、誰もがカジュアルに情報を発信できる「総表現社会」とでも言うべき時代を生きている。いったん発表した「判断や断定」でも、あとになって、その判断に誤りがあったことに気付いたり、状況が大きく変化したことを認識すれば、考えが変わったことをリアルタイムで発信していくことができる。過去に書いたことを隠蔽するのではなくアーカイブの形でできるだけオープンにしておき、それと同時に自らブログを持てば、道具立ては全て揃う。...

 ネット時代を生きるこれからの筆者とは、一冊の本に静的にまとめられたコンテンツだけで評価されるのではなく、そういう長期的な営みに対して評価されるべきものなのである。


* :
日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く(前編) (3/3) - ITmedia News

>素晴らしい能力の増幅器たるネットが、サブカルチャー領域以外ではほとんど使わない、“上の人”が隠れて表に出てこない、という日本の現実に対して残念だという思いはあります。そういうところは英語圏との違いがものすごく大きく、僕の目にはそこがクローズアップされて見えてしまうんです。

初引用 : アテネの学堂たんぶら(2010/ 1/17)
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/426-76a1d12f

新しいトラックバックほど上に表示されます。