無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

梅田 望夫, 飯吉 透 : ウェブで学ぶ ――オープンエデュケーションと知の革命 (ちくま新書, 2010) p.25.

>「デジタル情報技術が協調的に(誰もが使えるかたちで)グローバルにゆきわたれば、それはわれわれにとって最も重要な新しい道具になるだろう。それがあれば、市場において、ソーシャル・ネットワーク(SNS)において、共通の難問を解くための協力的な営みにおいて、グローバルに一緒になって取り組むことが可能になるからだ」

 これは『貧困の終焉』(早川書房)の著者としても知られる米コロンビア大学地球研究所所長ジェフリー・サックス教授が情報技術(IT)の可能性について語った言葉です。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/473-a6fec31c

新しいトラックバックほど上に表示されます。