無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |
大局的な見方をすれば、消費的な知的行為は、フィルタリングがその本質的成果である。

フィルタリングは人類の知の質を上げる。

消費的な知的行為がフィルタリングに寄与する理由は、それが行為であり、行為ゆえに制限があるからである。

 行為の制限=有限の能力×有限の時間

補足:
同時に、生産的な知的行動にもフィルタリングが隠れている。

 ・生産的な知的行為:

 0 or 1→100 になるところ、
  実際には
 0 or 1→10 (100 から 10 へのフィルタリング)

 ・消費的な知的行為:

 100 → 100 になるところ、
  実際には
 100→ 10 (100 から 10 へのフィルタリング)
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/485-0dd6019a

新しいトラックバックほど上に表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。