無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | | |
要約論を実現する具体的な設計解を取得し(:設計)、その設計解を多面的に検証する(:設計検証)という知的作業は、異論を生み出すことに大きく貢献する。

ウェブによって、簡単な設計と簡単な設計検証ができる。


なぜ、オカンはデマを真に受けるのだろう - kobeniの日記

このブログ記事に対して、私は、はてなブックマークにおいて

信頼性判断のアルゴリズムの向上。個人の考えも集団の考えも、異論の異論を知ることができる仕組み(インターネット)があるから、何度も修正される。

というコメントをつけた。

なお、「異論の異論」とは、決して 2段階で終わるものではなく、異論の異論、その異論、そのまた異論、…… と多段階に及ぶ。


本記事では、「異論の異論を知ること」の前にある「異論の異論を生み出すこと」について考える。

異論を生み出すために大きく貢献する知的作業は

 ・設計

 ・設計検証

である。つまり、論を実現する具体的な設計解を取得し(:設計)、その設計解を多面的に検証する(:設計検証)のである。

なお、意味がある論は、少なくとも「仕様」を含む。


たとえば、

(1)「社会保障を充実させるべきだ」と言っても、意味はほとんど無い。
  ↓
  仕様化
  ↓
(2)「15歳までの子供 1人あたり、毎月2万6千円を支給すべきだ」は、意味がある論であり、仕様である。
  ↓
  設計
  ↓
(3)「年 4兆5000億円必要だから、消費税を 2%上げよう」は、設計解である。
  ↓
(4)「消費税を 2%上げると、(こういう影響があって...)」は、設計検証である。


(2)「15歳までの子供 1人あたり、毎月2万6千円を支給すべきだ」で止まっていては、異論は生まれない。

(4)「消費税を 2%上げると、(こういう影響があって...)」と考えるようになれば、異論が生まれやすくなる。


ここで、設計 と 設計検証 をする際に大いに役立つのが、蓄えられた知識とその知識を引き出す仕組みである。

即ち、図書館、そしてウェブ(「インターネット」)である。このウェブは、検索エンジン+ウェブページ(「ホームページ」)の組み合わせでもよい。Web2.0以前の概念である。

検索エンジンの使用だけでも、(簡単な)設計 と (簡単な)設計検証 ができる。つまり、設計解となる言葉を膨大なウェブページから探し出して設計し、その言葉について膨大なウェブページを対象に検索することにより設計検証ができる。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
公共図書館の最大の役割はインフォームド・シチズンの育成と維持
http://nhm.blog75.fc2.com/blog-entry-152.html

2011.03.31 06:46 URL | TAKAGI-1(Admini) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/492-659e5712

新しいトラックバックほど上に表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。