無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

文章、すなわち言語による表現は、骨格である。骨が集まって一つの構造体を為している。

さらに、骨格と骨格が結びついて形成された構造が、

 ・小さいか、大きいか、

 ・鎖状であるか、網状であるか

は、大いに関心が払われるべきである。

小を大にする作業、鎖を網にする作業の意義は大きい。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/495-4ffdc9b2

新しいトラックバックほど上に表示されます。