無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

IT革命は市民による知識の所有(共有)を強力に推進した。

IT革命以前の市民と、IT革命以後の市民とでは、格が違う。


発想の元:
ディドロ, ダランベール=編, 桑原 武夫=訳編 : 百科全書―序論および代表項目 (1971, 岩波文庫) p.398.

多田 道太郎による解説「『百科全書』について」より。

 なぜ百科全書派は技術を重視したのか。理由はかんたんである。それがブルジョアジーの利益になるからである。総じていえば「所有が市民をつくる」というブルジョア的立場が『百科全書』のほとんどを貫いており、したがってブルジョアの武器、道具としての技術が、新しく重視されることになったのである。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
IT革命の本質は、自由の追求である
http://nhm.blog75.fc2.com/blog-entry-223.html

一般の主体的・合理的行動のための情報収集
http://takagi1.net/webcic/lib/inw2/za_0404250.html#2

2011.12.11 00:21 URL | TAKAGI-1(Admini) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/522-87f7374b

新しいトラックバックほど上に表示されます。