無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

世の中に当たり前のようにある良いもの(例えば、機械装置、政治制度など)が、それぞれ、偶然(ポッと出)でも、必然(独りで)でもなく、多くの人の叡智と苦心と学術的・経済的・動員的・安全的・健康的基盤から、漸進的に生み出されてきたものであることを、すべての人に顕らかに見せるべきだ。

そして、そのメディアは、叡智と苦心と学術を与え課せられる、小学生から触れさせるべきだ。そのメディアに触れた児童は、叡智・苦心・学術の修得に目的を持ち、その修得と使用を最大化しようとするであろう。

補足: 当該メディアを部分的に実現している例に、産業博物館がある。


関連ツイート:


スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/546-741de1fa

新しいトラックバックほど上に表示されます。