無窮 i ラボ Blog

知的ネット社会、知そのもの、機械との共生、プログラミングに関して。

 
 

プログラミング言語 Ruby の設計者であるまつもとゆきひろ氏によるMatzにっき(2013-06-12) ((「ちょっと待った!小中学校でのプログラミング教育」の全文搭載))を、僭越ながら議題・問題の提供元として捉えて、この投稿を書きます。

「小中学校でのプログラミング教育」について、

第一の課題は「誰が教えるか」という点です。

教育対象としてのプログラミングを、一般教師が教えることは可能だと考えます。教師は、最低限、教科書を読めばよいのです。

教科書に、検索キーワードは書かれてあるのだから、教わり方が悪くて理解できない児童・生徒は、質のいい教材をいくらでもインターネット経由で手に入れることができます。

教科書という児童・生徒にとっては強制的に頒布されるメディアに、プログラミングに関する内容が入っていることが大事だと考えます。

第二の課題は「どのように評価するか」ということです。

これは、「プログラミング」単独で1教科にするわけではないのだろうから、課題を実現できるプログラムをつくれたら何点、穴埋め問題ができたら何点という評価の仕方でいいと考えます。

第三の課題は「なにを教えるか」です

まさに、まつもとゆきひろ氏の投稿の冒頭内容を教えればよいでしょう。すなわち、以下の事柄です:

現代社会はもはやコンピュータがなければ成り立ちません。そして、コンピュータは誰かが作ってソフトウェアがなければ、まったく役に立ちません。コンピュータは自発的に仕事をしてくれないどころか、誰か人間がソフトウェアという形でどのように仕事をすれば良いのか教えてやらなければ、なんの働きもできないのです。コンピュータが社会に役に立っているのは、ソフトウェアがあるからです。

どんなに賢いように感じられるコンピュータでも、自らソフトウェアを開発することはできません。コンピュータは単純な計算をものすごく速く行うことができますし、それを積み重ねることで人間を越える能力を備えていますが、その一方で、なにか新しいことを創りだすなどの創造的な活動は苦手です。はっきりいうとまったくダメだと言ってもいいでしょう。当面の間は人間がソフトウェアを作って、コンピュータに仕事を教えてやるしかないのです。

社会におけるコンピュータの重要性は明らかで、そのコンピュータがソフトウェアがなければ役に立たず、そのソフトウェアは人間にしか作れないとなれば、ソフトウェアを開発する人間こそが真に重要だということになります。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
  
 
 
■  ■  ■

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nhm.blog75.fc2.com/tb.php/563-678f79bc

新しいトラックバックほど上に表示されます。